多言語ウェブサイトでSEO 検索エンジン対策のコツとは

Google や Yahoo などの検索サイトを使ってあなたのウェブサイトやブログを宣伝する手法のことを SEO かっこ検索エンジン対策と呼ばれています

さらに日本語と英語英語と中国語などといった形で多言語で Web サイトを制作している場合の SEO 多言語 SEO と呼びます

このブログでは多言語ウェブサイトで多言語 SEO を対策するための手法についてご説明します

多言語 SEO のポイント1: ホームページアドレス


多言語のウェブサイトを構築する時に様々なホームページアドレスの形式を選ぶことができます

一番よくあるのは国の名前と関係があるホームページアドレスを使うことですね

例えば日本だと.jp や. co jp といったホームページアドレスを使う会社様は非常に多いです

これらは一般的に地域ドメインと呼ばれユザワヤ Yahoo Google と言ったような検索サイトにとってはホームページアドレスで作られたサイトがターゲットとしている敵範囲が非常に明確なのでその点では有利となります

そのため多くの大企業や国際的なブランドでよく使われてますね

それこそ Google でもアメリカでは Google . com ですが以前は日本でも Google . co . jp という形で使われていたりよって Google .の後ろの文字が違っていたりしました

このような国ごとにアドレスを分けることを国コード別のトップレベルドメインといいます

この時のポイントは少なくとも例えば日本では. co . jp の前の文字を統一しておくと言ったことがブランディング上非常に大事です

SAMPLE . co jp東日本でも作っておいて香港では SAMPLE . HKという別アドレスにするといった具合ですね

多言語 SEO のポイント2: ホームページアドレスの前に国名をつける

ホームページアドレスは購入はひとつだけでそれに対して各言語ごとにホームページアドレスを少し変える手法があります

それがジェネリックトップレベルドメインという方法です

jp.SAMPLE. com 日本語
en.SAMPLE . com 英語

このような形でサブドメインを使用したりします

この場合購入しているホームページアドレスは SAMPLE . com という一つだけですね

多言語 SEOのポイント3: ホームページアドレスの後ろに言語ページを作る

世界で最も多く使われるホームページアドレスの活用方法です

ホームページアドレスの後ろにスラッシュと言語名を入れるといった形です

例えば以下のような形ですね

SAMPLE . com/ jp
SAMPLE . com/en

ひとつのホームページアドレスで検索できるので安く一括管理することができます

このケースだと多くの場合ウェブサイトのシステムはひとつだけだけですね

管理しやすく手っ取り早く始めるには三つ目が一番いいでしょう

またかなり大規模に展開してきたい場合はケース1またケース2の方法がおすすめです

Google の公式ブログによると文面があります

時間や予算などに制限がある場合はドメインホームページアドレスは一つだけを用意して検索することがお勧めです

その場合は以下の2パターンのどちらかがおすすめです

jp.SAMPLE . com
SAMPLE . com/jp

非常に重要なのは多言語 SEO の対策としてはこのメインとなるホームページアドレスとアドレスが相互にリンクしていて生地がしやすいようにしておくということが非常に重要です

多言語 SEO のポイント4: 各コンテンツページのホームページアドレスをキーワードを入れたものにする

ホームページは出来上がったら各ページのホームページアドレスも必ずシンプルな英語にしておく必要がありますそうすることで Google などの検索サイトで文章がどういうものなのかを即座に認識してもらうことができます

そのためにはコンテンツの内容とホームページのタイトルそして本ページアドレスの内容が一致する必要がありますドレスは英語で翻訳をしておきましょう

ただしon in at of といったような余分な助詞 はなくても、Google はしっかりと認識してくれるので不要です

ホームページアドレスがあまり長すぎると逆に検索結果一覧で見ったりインパクトがなくなったりしてしまうので逆効果です

多言語 SEO のポイント5: ホームページのタイトル

ホームページのタイトルは各言語ごとに変更するようにしておいた方がいいです

またその際はキーワードが入ってるように工夫をしてください

多言語 SEO のポイント6: Google の検索結果に表示される文章

Google などで検索した時に出てくる文章がありますよね

文章を設定する場所をメタディスクリプションといいます

ホームページができたら必ずこのメタディスクリプションを設定しておいてください

それも各言語ごとでしっかりと分けて設定しておくことが非常に重要です

そうしないと、英語圏の人が検索した時に、御社のサイトは英語のサイトなのに検索結果で文章だけ日本語になってしまったりします

そうするともちろん訪問した方はクリックしてくれないので集客の機会ロスになってしまいます

多言語 SEO のポイント7: Blog お知らせ記事のカテゴリー属性

多言語サイトを作った時にお知らせやブログ機能があったりします。

それらもしっかりと翻訳しておきましょう。

全部英語にするなどの手抜きをしている会社は結構多いです。

多言語SEOのポイント8: 自動翻訳を使わない

グーグル翻訳などを使うと意味がめちゃくちゃ文章になることが多くあります。その場合グーグルは 迷惑サイトと認識してしまう可能性があります。

以上です。

SEO(検索エンジン対策)多言語ウェブサイトでSEO 検索エンジン対策のコツ