分割払いを提案する悪徳業者

こんにちは、コンサルタントの永島です。多くの方々が、効果の出ないホームページに困っていると感じています。ホームページ作成会社は、じっくりと選んでいただきたいですね。

成果の出ないリースのHPに悩まされているお客さまを数多く目にしてきました。

制作会社はぜひ慎重に選びましょう

近年、ホームページリース商法によるトラブルが増加しています。

月々の支払いが安く済むという、表向きには好感の持てる宣伝文句を利用して、しつこい勧誘を行うHPリース業者が少なくありません。

特に電話営業してくる制作会社にその傾向が強く、「月々わずか3万円ですから、広告費と思って試しにやってみましょうよ」と言葉巧みに提案してきます。

でも、考えてみてください。月々の支払いは3万円かもしれませんが、5年契約だと総額は200万円近くになってしまうのです。

もちろん何百万円かけても、そのホームページが商売につながり、その投資を回収できれば問題ありません。

でも、残念ながらそんなに上手くはいかないのがホームページ。

たとえ成果が出なくても、毎月の支払いはリース契約期間が終わるまで何年も続くのです。

解約できないリース契約

一度契約してしまったら中途解約できないのがリース契約。本当に多くの方が悪徳業者の被害にあっています…

「だったら途中で解約すればよいのでは?」と思うかもしれませんが、原則として、企業がビジネス目的で締結したリース契約は中途解約できません。

また、いわゆる「クーリングオフ」制度も企業は対象外。もし中途解約をする場合は、残債のほぼ全額を一括で支払わなければならないのです。もし払うのを拒否すれば、契約不履行で逆に訴えられてしまいます。

「リース契約のホームページがあるが、まったく役に立っていない」
「リースで作ったホームページを解約したいが、解約できず困っている」

というご相談を我々もよくいただきます。国会でも悪質なホームページ制作会社が問題となったことがあるくらい、リース契約によるトラブルは多く、深刻な問題です。

もちろん、リースを取り扱う制作会社すべてが、悪徳商法を行なっているわけではないと思います。でも、電話営業でリースのHP制作を提案してくる会社は要注意。残念ながら本当に多くの方が被害にあっています。

上場している制作会社だからと言って油断はできません。リースの電話営業で急成長して上場したものの、お客さんから解約訴訟をおこされているケースがいくつもありますから、気をつけましょう。

じつは以前、リース商法で悪質なホームページを売りつけて、トラブルを多発させている上場制作会社のことをメルマガで取り上げたところ、さっそくその会社から警告文が送られてきました。そのHPリース会社の顧問弁護士7名の連名でしたから、相当この問題にピリピリしていたんだろうと思います。

なぜリース契約をおすすめしないのか

リース払い

そのHP、本当に200万円以上の投資対効果を生みますか?
HPにかけるお金は、手元資金の範囲内にすることが大切です。

私がリースによるホームページ制作をおすすめしないのは、多くの場合、分割払いをしなければならないようなホームページは高すぎると考えているからです。

10万円や20万円でリースを組む人はいませんから、リースを組むのはたいてい、総額200万円とか300万円といったHPということになります。大企業ならともかく、多くの中小企業の場合、200万円のホームページというのはかなりの投資です。

儲かっている企業なら、200万円だからといって別にリースを組む必要はありません。税金対策もありますから、即金、悪くても2~3回の分割で支払うと思います。

一方リースを組むのは、資金繰りの観点で毎月の支払いを抑えたい企業です。200万円を即金で支払うのではなく、毎月の支払いを2~3万円に抑えたいから、仕方なくリースを組んで契約するという状態なのです。

もしリースという支払い手段がなかったら、200万円のホームページ制作に躊躇する企業は多いと思います。200万円投資しても、すぐに商売につながるとは限らないわけですから、社長さんは投資対効果を慎重に検討するでしょう。

ところが「リースで支払えますよ」と言われたとたん、急に脇が甘くなってしまいます。

ホームページへの投資は、即金で払える範囲にとどめるべきです。作ってみないと成果が出るかどうか分からないのがHPですから、まずは手元資金の範囲内で「小さく」作ったほうがいいのです。そしてうまくいったら、追加投資を行って、そのホームページを「大きく」育てていけばいいのです。

しかし悪徳業者は、最初から「大きなホームページ」を作らせようとします。ホームページで成果が出せるとは思っていませんから、最初にたくさん巻き上げて後は知らんぷり、というのが悪徳業者の魂胆。リース払いで月々の費用を小さく見せ、高額なHPを売りつけるというのが、彼らの常套手段なのです。

そしてリースは中途解約できません。たとえそのサービスに満足できなかったとしても、リース契約が満期を迎えるまでずっとその費用を支払い続けなければならないのです。

リースはなるべく組まないで!

良心的なホームページ制作会社
HP作成で失敗しないポイントは、まず低価格で「小さく始める」こと。リース契約せずとも、成果の出るHPは作れます
というわけで、悪徳商法を行う業者に引っかからないためにも、

リースを組まずにホームページを作る
ことを強くおすすめします。

リースを組まないと支払えないような高額なHPを作るのは、止めておきましょう。安易に契約してしまうと、成果の有無や費用面などでトラブルになりかねません。

手元資金の範囲内で、まずは「小さく始める」というのが、ホームページ作成で失敗しないポイント。リースだからと言って、総額何百万円もするホームページには手を出さない方が良いのです。

御社の予算の範囲内で、成果を出せるHPをきちんと仕上げてくれる、そんな良心的なホームページ制作会社を選ぶようにしてください。

 

まずは無料お試し

疑問点などがございましたら、お気軽にご連絡ください。

お電話(香港):+852-8191-0989

お電話(日本):+81-50-5539-5397

弊社の会社案内をいますぐ入手いただけます。

資料ダウンロード

失敗しないためのホームページのこつをこっそりお教えいたします。

失敗しないための!ホームページ制作7つのポイントマニュアル ホームページで集客できる小冊子プレゼント 毎月20者様限定です。今すぐお申し込みください。

5 + 8 =

HP自主制作サービスHPリース提案の悪徳業者