香港で不動産サイト/賃貸マンションサイトを制作する上でのコツは以下のようになります。

  1. 位置情報の表示: 香港は地理的に狭いため、物件の位置情報を正確に表示することが重要です。
  2. カタログの詳細な情報提供: 物件の詳細な情報を提供することで、潜在的なテナントがサイトを利用する意味を持たせることが重要です。
  3. オンライン予約システム: オンライン予約システムを提供することで、潜在的なテナントが物件を見学するためのハードルを下げることが重要です。
  4. 賃料や料金の情報提供: 賃料や料金などの情報を提供することで、潜在的なテナントが予算を算出することができるようにすることが重要です。
  5. 言語対応: 香港は中国語と英語が公用語となっており、サイトは中国語と英語の両方に対応することが望まれます。
  6. アクセシビリティ: 誰でも利用できるようにアクセシビリティに対応することが重要です。
  7. セキュリティ: 個人情報などのテナントの情報を保護するために、サイトのセキュリティを確保することが重要です。
  8. 日本語対応: 外国人にも使いやすいように日本語対応も考慮することが望ましい
  9. 3DツアーやVR機能などの新しい技術を導入することで、物件をより詳細に理解できます
  10. 物件の豊富さ:通常日本人が住む物件はあまり種類が多くないかもしれませんが、物件が豊富に見えるように工夫をしておく必要があります。例えばトップページにたくさん物件の名称と画像を入れるだけでもかなり物件数がたくさんあるように見えます。
  11. 問い合わせのしやすさ: 現地の不動産会社で心配されることが1つが日本語でちゃんと対応してもらえるのかどうかということです。日本語がしっかり話せるスタッフがいることを写真付き名前付きでしっかり説明することで安心感が生まれてきます。安心感が増すと問い合わせがしやすくなります。
  12. 成約までの流れ: 問い合わせするメールアドレスや電話番号、また問い合わせした後どのような流れでどういうふうに契約されそして契約するのか明確にしておくと、自分の制約がイメージしやすく、問い合わせ率を大幅に向上させる大きな要因となります。

以上です、ぜひ試してみてください。

セカイウェブの記事香港で不動産サイト/賃貸マンションサイト制作をするコツ