多言語のウェブサイトは本当に会社に利益をもたらすだろうか?

多言語のウェブサイト何か作って本当に意味があるのかな?

そういうふうに考えたことはないですか?

その気持ちすごくよくわかります。

そもそも日本語のサイトのどれだけ効果があってるのかわからない中でさらに言語を追加して利益を上げれるかどうかなんて不透明ですよね。

その一方でマーケティングにかける予算を大幅に削って、しかも日本国内にとどまらず海外の新しいお客様にビジネスを拡大することが、もしできたら。。。すごいことですよね。

ここではそれでも多言語のウェブサイトを作る価値があるかどうかについて六つのポイントでご説明いたします。

多言語のウェブサイトを作りたいと思ってる方は是非このポイントをタイトルだけでも読んでみてください。

多言語 Web サイトを作る理由その1:費用対効果

多言語のウェブサイトを作るために必要な経費は最初に作った言語費用無料で今すぐ始めることができます。

このように考えると月1万円だけで海外のお客様にできる情報を発信するというのは非常にコストパフォーマンスに優れた方法と言えます。

海外のマーケティング戦略では、ネット広告や現地仲介業者との提携など規模も大きくなれば時間もかかります。

また業者の選別なども大変です。

そもそもその国に行く旅費や交通費を入れると何時間もかかってしまうこともザラだと思います。

その点ただウェブサイトを作って Google などに登録しておくだけであれば最低月1万円からすぐにスタートすることができますので非常に高いコストパフォーマンスになると思います。

多言語 Web サイトを作る理由その2:無料で現地ニーズの調査ができる

多言語ウェブサイト作って Google アナリティクスなどの無料で使うだけでOK。

どこの国からどういう訪問者が来たのか、また何時頃来たのかどういうキーワードで検索してきたのかと言ったことが分かるようになります。

わざわざ現地のコンサルティング会社に調査依頼をしたり現地の言語で頑張って検索をして情報をかき集めたりする必要はありません。

多くの国では現地の言語でも国語でコンテンツを読もうとすることがほとんどです。

そのためそれぞれの国の母国語で現地サイトを作るとそのサイトからその国の人が問い合わせや注文をしてくれる可能性が一気に高くなります。

また Web サイトのユーザーの46%は自分の母国語である場合に製品に対して鶴という調査結果もあります。

そのためコンテンツは現地化することで競合他社よりも遙かに高い競争力を維持してお客様と強いブランド力でつながることができるようになります。

多言語 Web サイトを作る理由その3:英語が世界共通言語ではなくなった

驚くような数値データがあります2020年の時点でインターネットを使っているユーザーの25.9%しか英語のネイティブがいないという点です。

逆に残りのインターネットユーザーの34億人が英語以外の国からインターネットを使っていました。

そのためほとんどのインターネットユーザーは母国語で表示されていないウェブサイトは見ないということです。

現地の言語でのウェブサイトを持っていない企業は、潜在的な見込み客を大量に逃している可能性があるのです。

多言語 Web サイトを作る理由その4:自社のマーケットを拡大する

自社のウェブサイトをたくさんの言語で翻訳しておくことで世界的に自社の存在を知ってもらい存在感を高めることができます。

サイトの文章を現地言語に変えておくだけで日本人以外のより多くの国々の人々が御社のビジネスを検討してくれるようになります。

それこそお隣の国中国では、中国大陸で使われている標準語と香港などで使われている繁体字で大きく異なります。

文字の表記や発音も異なるためそれぞれ分けて制作しておかないと飛ばされてしまうことになります。

そうすると潜在的なマーケットを逃してしまうことになりますね。

多言語 Web サイトを作る理由その5:Google など検索サイトも言語で識別

以前では各言語に合わせてホームページアドレスも別々に持っておく必要があるという認識が多くありました。

現在では Google などが自動的に各言語を識別してコンテンツを検出してくれるようになりました。

そのため以前とは違いウェブサイトを開けなくても一つの Web サイトで各言語を追加するだけでよいということになりました。

大幅に時間や費用を削減することができるようになったのです。

複数の言語がある Web サイトは今や低コストになり費用対効果も高くあなたのビジネスを国際的にグレードアップするのに大いに役立つと言えます。

多言語 Web サイトを作る理由その6:あなたのビジネスのブランド化

信頼される会社になるには大企業であれ小企業であれブランディングは非常に重要です。

そしてブランディングでまず大事なのは現地の言語で提供するということです御社の情報を入手するのに外国語になってしまうとでもその言葉が頭にスッと入ってこず心理的抵抗が生まれてしまいます。

そうすると信頼できるブランドとしてしっかり PR するには御社がその国では、難しくなります。

逆に他言語のウェブサイトを持っておけばそれぞれの国の人々を魅了しあなたのブランドをそのニーズウォンツがある見込み客に提供することができます。

この違いは非常に大きいです。

信頼されるブランドになるためにあなたのウェブサイトを今すぐに多言語にしておく必要があるのです。

また現地化された Web サイトであれば顧客はあなたのビジネスが彼らの文化をしっかり理解している現地化してくれているという風に高く評価し信頼を得ることができます。

あなたのウェブサイトを現地化するために

あなたのウェブサイトを今すぐグローバルに展開するために一番安い方法は Web サイトを多言語化することですブランドの存在感を高め世界中の見込み客に今すぐリーチしましょう。

一般多言語ウェブサイトが儲かる六つの理由