多言語ウェブサイトのマーケティング戦略五つのステップとは

自社のサイトを多言語で制作する時の戦略をしっかりと事前に立てておく方がより効率的に集客成約に結びつくことができます

現在世界の約40%の人々がインターネットに接続して情報提供また情報収集をしています

そしてその数は絶え間なく増加し続けています

もちろんだからといって中国人の人々があなたの会社に興味を持つようではもちろんありません

とりわけコンテンツの制作に失敗した場合はわずか一人の人にも見向きもされないということになります

多言語コンテンツマーケティングのそして正しくサイトを機能させるためにはターゲットにしている市場に正しくマッチングさせる必要があります

具体的にはターゲットに合った言語だけではなく画像やソーシャルネットワーキングツールの活用が欠かせません

ターゲットが、どのようなものを購入したがっていて、どのようにして情報を受け取りたいのかを考える必要があります

例えばアメリカやインドブラジルなどは Facebook ユーザーが圧倒的人気を誇っていますが、中国では7億人いると言われるインターネットユーザーの中でフェイスブックを使っているのは本当にごく1部の人だけです。

多くのユーザーはWeChat やウェイボー、物販であればタオバオを活用して物を購入することがほとんどです。

検索エンジン対策を最適化するのと同様にコンテンツを最適化することは非常に重要です

どこの国でも Google が一番使われているわけではないのです

ロシアではヤンデックスが使われ、韓国では NAVER、中国ではBaiduや360がよく使われるといったような感じです

また、インターネットの速度も考慮する必要があります

とりわけ中国ではダウンロードにかかる時間が日本のコンテンツを中国で見てもらう事が難しくなっています

多言語コンテンツマーケティングの戦略を実行する5つのノウハウを以下に解説いたします

会社としてのメッセージの固める

国ごとに翻訳のみならずブランディングなど様々な要件現地向けに作成していくとどんどん会社の発信したい1番コアとなるメッセージから外れている可能性があります

それこそ国に合わせて色やデザイン、構成、チャンネルなどどんどん変えていくと管理だけでも膨大になりとても現実ではなくなっていきますね

もともとあまりコーヒーを飲まない中国でもスターバックスが爆発的に大成功したように、どこの国に行ってもマクドナルドがあり現地の味を多少取り入れてもやはり安心感を持ってサービスが提供できているように、強いコアイメージというのはお守り抜く必要があります

最初から各国に現地化しやすいコンテンツで作成する

コンテンツを作るときに最初からさらに書く国に合わせたローカライズをすることを念頭において作成することが重要ですそうすることで翻訳費用だけでなく利益をどうするかといった問題に煩わされることなくなります

例えば日本のことわざや慣用的表現地元でしか通じないようなジョークや文化的なイディオム流行語などはなるべく排除した方が良いです

最初の原稿のコンテンツを作るときに文章が一文字でも間違っているとその後翻訳に膨大な理解ミスがあり全文が多かったこともありますまず最初の元号をしっかりとなるべく平易な文章で作成することが大事ですまた専門用語はなるべく別枠で逆中として説明も追加しておく方が良いでしょう

適切な翻訳管理を行う

多言語のコンテンツを作成し翻訳する時に誰にどのように翻訳してもらうかは非常に重要です

一番困るのが Google 翻訳などを使った機械翻訳ですね君が50%ぐらいでダメになる可能性がありますどうしてもコストを削減した良い場合は仕方がないかもしれませんがその場合でもなるべく1文1文を短く切って複雑な表現にならないようにすることである程度翻訳ミスを防ぐことができます

逆に理想の話でいうと必ず現地の人間に翻訳を依頼する方が良いです

そしてその後日本人の女から翻訳を再度チェックできると理想ですね

また喉によくあるのですがどのページはどこまで進んでるのかも管理する管理ができていないと翻訳漏れや全然違う翻訳が紛れ込んでいたりかなり混乱をすることになります

実際中国ローカルの会社に依頼をして制作が来てたっても完成せず掲載依頼が来るケースがこれまで多くあります

多言語キーワード戦略の重要性を考える

インターネットの世界ではキーワードが見つけて頂ける全てと言ってもいいかもしれませんひとつの単語でも翻訳することで全然違う意味になってしまうこともあります翻訳する人間がただの機械翻訳ではなく文化的背景をしっかりと理解している人間じゃないとちゃんとした翻訳はできないのが現実です間違った単語に翻訳されてしまうともちろんターゲットはそのキーワードで御社のサービスを希望することはなく問い合わせも来なければ成約もしないということになります

翻訳したキーワードが、広く使われているキーワードなのかどうかをしっかりと確認しておく必要があります

 

 

一般多言語ウェブサイトのマーケティング戦略五つのステップ