香港ウェブサイト制作専門会社の強み

香港でウェブサイト制作を考えている方にぜひお伝えしたいことがあります。それはウェブサイト制作会社をどうやって選ぶかと言う事についてです。

香港でウェブサイト制作しようと思った時に、選べる会社のタイプは3つに分けることができます。

1つ目はサーバーやシステム開発会社です。

システム開発やサーバーの維持管理などもしているのでIT系の会社だからウェブサイトも作れるだろうと言うことで注文する方がいらっしゃるようです。

2つ目はネットサービス系の会社です。情報サイトなどを運営しているので自社で作れるだろうと言うことで注文されるでしょうか。

3つめはウェブサイト制作専門の会社です。

ウェブサイト制作のみで会社経営を行っている専門会社です。餅は餅屋という言葉もあるように、専門の会社だから、いろいろ頼んでもスムーズに処理してもらえるだろうと言うことで自分がされるようです。

それぞれのメリット、デメリットを見ていきましょう。まず1つ目のシステム開発会社についてです。

システムもプログラムだからウェブサイトもできるだろうと言うことで注文されるようですが、これは言うなれば「イタリア語ができるからフランス語もできるだろう」と言うことにかなり等しいです。

それぞれ英語と同様ラテン語から派生していますが、実際は全く発音も単語も異なり、双方で理解することができません。実はシステム開発やウェブサイトで疲れているプログラム言語も同様で、全く異なるプログラム言語が使われています。そのためシステム開発会社がウェブサイト制作をしようとすると指南書のようなものを見ながら片手間に行うことになりがちです。

何とか外見上はままそれなりに制作できるかもしれませんが、専門でサービスを提供してるわけではないので、ノーハウももちろんかなり古いのは風であったりします。

ノウハウが古いと、デザインにダイレクトに影響します。素人目に見ても古いダサイサイトというふうに見えると思います。実際に制作事例を見るとよくわかるでしょう。

ちゃんとしたスマートフォン対応ができなかったり、デザインセンスがどう見てもおかしいといったことがよく見受けられる問題の1つです。

次に2つ目の情報サイト等を運営している会社が片手間に行う場合です。通常情報サイトを運営する会社は、多くの場合自社でそのサイトを作っていません。

そのため自社でサイトを制作するノーハウがないので、そのまま外注してしまうケースがほとんどです。

そうするともちろんコストも高くなり、伝言ゲームのようにお願いした作業食べ増されるのでなかなか自分の意図が伝わらず、作業も進まないことが多いようです。

3つめはウェブサイト制作専門会社です。

自社でサイト制作を行っているので、すべてノーハウがありいろいろな提案もしてくれます。また色々と修正を依頼しても、外注ではなく自社で制作をするのでスムーズに意思が伝達できます。

香港ローカルや中国ローカルの会社を探すと結局うまく日本語のニュアンスが伝わらずにサイトが完成しない、と言うこともあるようですが、その場合は日本語でしっかりと対応してくれる日系の会社を探すと良いでしょう。

ここで実際にあった出来事をご説明します。とある有名な上場企業様が、香港スタッフに依頼をして、ウェブサイト制作を探してもらったことがありました。

もちろんローカルスタッフが会社を探すので、香港ローカルの会社が見つかり、そこに依頼することになりました。その結果数ヶ月どころか1年たってもサイトはなかなか完成しなかったそうです。こわいですね。

しかも、よく見るとページによってはスマートフォン対応もしていなかったり、修正を依頼したはずの場所が修正されていなかったりと散々だったようです。

1年たってもなかなかメドが立たないので、結局はその会社の日本人担当者が日本語で安心できるところを探し出してそうです。そして、キャンセル分だけ支払いをして、別の日系サイト制作会社に依頼して、ゼロから発注したと言うことです。

多少割高に見えてもいけい会社を探す方が確実に良い仕事をしてくれるようです。

ただそれが専門でもなくあまりサイトも作らないような会社で依頼してしまうと、それはそれでトラブルに巻き込まれやすいようです。

実はIT人材は人件費が日本が1番高いです。それはただ単に無駄に支払っていると言うよりも、それだけの高い給料もらっても生き残れるほど「日本のIT人材は信頼性がある」と言うふうに考えていいと思います。

実際に香港や中国で何か作業が発生するようなことを依頼して、その話の通りに進行するところはほとんどありません。

そして、その会社が逃げてしまったり、連絡がなかなかつかなくなったりと、トラブルだらけになってしまう事は香港では多くあります。

最初から信頼できるサイト制作専門会社を日系で探すと言うのも大事なことかもしれませんね。

香港・深センのホームページ制作料金はどうなっているの?

香港でホームページ制作をするときの料金はいくらぐらいでしょうか?
このページでは香港でホームページ制作をするときの料金についていろいろな角度から検証してみたいと思います。

日系とローカルの違い

まず1番最初に検討しなければいけないのは香港で日系の会社を探すのかそれともローカルの会社を探すのかと言うことになると思います。この2つで同期に大きな違いがありますがもちろん品質にも大きな違いがあります。
10ページ位の簡単なホームページで問い合わせフォームをつけた場合の料金で言うと、日系企業だと大体18,000香港ドルから25,000香港ドル位になると思います。逆に香港ローカルに依頼をするとその30%から50%引きの料金で制作することができます。料金だけで見ると香港ローカル企業の方が良いように見えますね。実はここに落とし穴があります。
香港で10年以上ホームページ制作の業務に携わってきて色々な方の体験談を聞いてきました。
1番多いのが、
「香港のローカルの企業に頼んだけれども、なかなかイメージ通りにならずもう1年も過ぎたので諦めかけていました。」
「そもそも言葉も出ないのでイメージが全く伝わらない」
「デザイン感覚が違いすぎて説明してもできあがらない」
「制作できますと言いながらいつまでたってもその機能ができあがらない」
といったような意見です。簡単に言うとコミニケーションがうまく取れない上に品質にも問題があり、デザインと機能ともにいつまでも完成しないと言うことになっているようです。
これだといくらで起きなくても本末転倒ですね。

日系のホームページの大きな違い

そして、ローカル企業を探して失敗した方は次にほぼ日系のホームページ制作をしてくれる会社を探す事が多いようです。
実は残念ながら、ここでも大きな問題があります。
最近聞いた話では「スマートフォン対応できます」と言われてホームページ制作を依頼したところ、ただパソコンで見るのと同じデザインがスマートフォンで見ることができるだけの、 スマートフォンで見ると文字が小さすぎてとても読めないようなホームページが出来上がってきたと言うことでした。
これはスマートフォン対応とは言わないですね。通常スマートフォン対応とはスマートフォンで見てもスムーズに読めるようにデザインが自動的に変更される機能が付いているホームページのことをいいます。専門用語で言うとレスポンシブデザインと言うことになります。
ホームページ制作で失敗しないためには、ホームページ制作企業にまずは「レスポンシブデザインの制作は可能ですか?」と聞いてみると良いでしょう。
相手が一瞬わからなそうな顔をしたら、そこの会社にはもう二度と連絡しない方が良いでしょう。

ホームページ料金の内訳

次にホームページ制作の料金の内訳についてです。ホームページの制作料金は基本的に以下のような項目があります。
ホームページ制作の進捗管理をする監督料金、ページ数、バナー画像デザイン、言語数、機能開発の種類と数、ホームページアドレスの取得や管理、そしてサーバーの保守管理レンタルなのです。
香港でホームページを制作するときに気をつけなければいけないのは、特に言語のところでは無いでしょうか?会社によっては日本語だけでなく香港の繁体字も追加したい場合は料金を大幅に釣り上げるところもあります。一般的には日本語で本ページを制作してさらに繁体字を制作したい場合は料金が30 %増から50%増位になると思います。料金が2倍請求してくるところは、そもそも作業が効率化されておらずどうしても2倍請求しなければいけないと言うことなのかもしれません。という事は制作のノウハウが古いと言うことなので、やはりもうその会社は探さない方が良いでしょう。

実は落とし穴なランニングコスト

ホームページは制作した後もホームページアドレスを更新する必要がありますし、サーバーもレンタルする必要があります。
さらに実はホームページと言うのは常に攻撃され続けているので、保守管理もできればちゃんとしたほうがいいです。
多くの方がホームページを作ればも料金はかからないと思ってらっしゃるかもしれませんが、実は毎年ホームページアドレスの更新とサーバーの料金が掛かります。
これ以外に、もし自分で簡単に修正ができないようなホームページであれば修正を依頼する必要があるので、修正料金がランニングコストとしてかかってきます。
そのためなるべく自分で簡単に更新ができるようなホームページを作ってくれるホームページ制作会社を探す必要があります。
「ホームページの修正は、専門家がプログラミングで修正をするので仕事には無理です」と言ってくる会社は要注意です。旬のホームページは比較的誰でも簡単に文字の修正ぐらいはできるようになっているので、自分で簡単に更新ができないようなホームページは実はおかしいのです。

前金と残金

さて料金の支払い方法についてですが、通常ホームページ制作は完成後に全額支払いではなく、前金と残金に分けてお互いのリスクを軽減する方法がとられています。一般的には前金が50%で残金が残りの50%と言うことになります。もちろん前金を開始時に支払いをし、残金は完全納品が終わった段階で支払うと言うことになります。

支払い方法

香港のホームページ制作で支払い方法についてですが、ホームページ制作料金の支払いは小切手または銀行振込になると思います。その際には香港の会計処理をするためにインボイスの発行等をしっかりしてもらうように言ったほうがいいですね。
また個人で非公式にビジネス行ってる方もいるので、支払いの銀行口座が個人名だったりする場合は取引はやめたほうがよさそうです。
ホームページが無事に完成したとしてもその後連絡が取れなくなってしまったりすると、アフターフォローがしてもらえず、いきなりホームページが攻撃されてたり、なんだかんだ問題があったときに対応してもらえないことになります。
こういう時に結構困るのが、ホームページアドレスの設定やサーバーの設定プログラム修正なので基本的なログイン情報などもない場合は修正自体が非常に困難になるということです。
そのため1個人がこっそりやってるようなホームページ制作ではなく、やはりしっかりとした企業に頼む方が良いです。現代では料金もさほど変わらなくなってきてるようです。

まとめ

以上香港でのホームページ制作料金についてまとめてみました。参考になれば幸いです。

香港オフショアファンド投資、こんなことでお困りではありませんか?

香港資産管理ってどうしたらいいの?

香港資産の銀行口座のメリットを活かすにはどうしたらよいの?

ボーナスや、退職金、相続金や保険の満期預金をしっかり増やしたい

老後くらいお金に縛られず生活したいけど、どうしたら
香港ファンドでの資産投資はどう選べばよいかわからない
夫婦2人が豊かな海外老後生活を送るにはどうしたらいいかわからない
自分の海外資産を増やすための良い方法を探している方
お金に関しての知識がないと思っている方
お金に関して、中途半端な知識がついているかもしれない
「資産の投資」という言葉に難しいというイメージがある
今後、自分の資産形成をどうしていこうか悩んでいる
自分の資産を自分で守るための知識をしっかり身につけておきたい
世界で成功している投資家の共通点を知りたい
だまされないための金融商品の見分け方を習得したい
香港ファンドのカラクリを知りたい
リスクを下げ、安定した収益を生むポートフォリオの組み方を知りたい
今後の日本経済が心配だ
香港投資について学びたいが、相談できる人がいない
香港の有益な資産投資情報が欲しい

 

そのお悩みをメールして頂ければ、すぐに解決いたします。

提案解決力には絶対の自信があります。

香港・深センでホームページを使った7つの営業方法

香港・深センでホームページ制作をして、営業活動を行っていく場合にどういったことができるのでしょうか?
ここではホームページを活用した営業方法の種類について考えてみたいと思います。

検索エンジン対策を使った営業方法

ホームページ制作で最も期待されるのが、自動的に集客ができる検索エンジン対策ではないでしょうか?
いわゆるSEO対策と呼ばれるもので、Yahoo!やGoogleから自動的に検索され、お客様が来てくれると言うものです。
ホームページを制作してから、そのホームページが検索エンジン対策の効果でYahoo!やGoogleで検索上位に表示されるかどうかと言うのは、ホームページ制作会社のノウハウと、御社の文章量によるところが大きいです。
ホームページ制作会社に依頼をする前に、過去の検索エンジン対策の実績を詳しく聞いておいた方が良いです。
あまり誰も検索しなさそうなキーワードで上位に表示されても意味がないので、誰でも検索しそうな難易度が高そうなキーワードで1位2位表示させたことがあると言う会社を選ぶようにしましょう。

ネット広告を使った営業方法

次に一般的なのがインターネット広告を使った方法です。GoogleやYahoo!、中国では百度などの検索サイトで検索ページで上部や右サイドバーなどに表示される広告がありますが、これは有料で表示させることができます。
それ以外にも、様々なホームページやブログに画像の報告や文章の報告を表示することができます。これらの多くはGoogleと提携して広告が表示されていることが非常に多く、Googleに広告を出すことでそこにも表示されることができるようになります。より詳しくはGoogleアドワーズ広告などで調べてみると良いでしょう。本もたくさん出ています。

メール署名を使った営業方法

次に今すぐ始められるお手軽な方法として、いつも送受信をしているEメールの中に署名を入れるという方法があります。
「メールのやりとりをするのは既存客であることが多いので、今更そのお客様にホームページを見てもらっても、新規顧客の開拓にならない」「意味がない」、と言う方がいらっしゃいますが、決してそういうことありません。
既存のお客様でも御社のサービスや商品を全て知っているわけではありません。そのため、新しいサービスがあった場合には、Eメール署名の中にもその簡単な説明とリンクを貼っておくと、そのお客様のオプション購入が期待できるだけでなく、他の方へ紹介してもらえる可能性もあります。
わずか数分で、無料でできる作業なので、全スタッフに今すぐやってもらうほうがいいと思います。

メールマガジンを使った営業方法

これまで名刺交換をしてきた方や、商工会等のリストを使って、メールを配信すると言う営業方法があります。
もちろん成約率が非常に高いわけではありませんが、中身をしっかりと作成し、読んで得をするような内容であれば、そのメールマガジンは読み続けてもらえますし、それがだんだんと口コミになり注文が増える可能性があります。
地道な作業ではありますが、続けていくとお勧めします。またあまりにも発信頻度が高いと嫌われるので、月1回程度にして、価値のある内容を記載して発信するようにしましょう。

アクションを起こしてもらう営業方法

ここで少し角度を変えて、ホームページの訪問者に対してのしっかりとした営業方法について考えてみたいと思います。
上記のような方法で、ホームページに訪問者が来てくれた場合に、ただ問い合わせページを作っておくだけでは、 なかなかお問い合わせはしてもらえません。
ためになるようなPDFダウンロードリンクや、メルマガ時の申し込みフォーム、チャットお問い合わせ、無料相談ボタン、等々思わず何かホームページ上でアクションを起こしてしまうような導線を必ず作るようにしましょう。それも複数作っておいた方が良いです。
例えば、「わざわざ電話したりメールするのはちょっと面倒臭いけど、この会社気になるな」位に考えるお客様ももちろんいらっしゃるのです。
未来にお客様になってくれるかもしれない見込み客ですね。
そんな今すぐはお問い合わせをしてくれない見込み客に何か行動してもらうために無料資料のダウンロードや資料請求のページを作っておくと良いです。それでどんどん見込み客リストを作っていくことができます。
チャットですぐにホームページから相談が出来るような機能もあるといいですね。例えばDellと言うパソコン制作会社のホームページにはぱっと開くとすぐ目に付くところにチャットボタンがあります。
何か気になることがあれば、わざわざ問い合わせフォームにたくさん項目を記入したりせずすぐにチャットで質問ができる気軽さがあります。これは確実に問い合わせ率がアップし、成約に結ついてくると思われます。

Facebookと連動する営業方法

FacebookやTwitterといったソーシャルツールをホームページと結びつけ、集客をしようとする方が多くいらっしゃいます。例えばTwitterやFacebookで認知度を上げておいて、ホームページへ誘導し、そこからお問い合わせをしてもらうと言う流れは良いと思います。しかしながらFacebookからホームページに来てくれたお客様に対してさらにFacebookのウォールや更新履歴などを見せてまたFacebookを飛ばすと言うのはあまり意味がない行為です。
どちらをゴールにして問い合わせもらうようにするのかというのを、明確にしておく必要があります。
その一方で、ホームページ上でFacebookのブロックを作ってたくさんファンの画像が表示されればたくさんの方から支持されている信頼できる会社、と言う印象を持ってもらえます。
また、FacebookやTwitterを活用していると、新しいことにどんどんチャレンジをする活発な会社と言う印象ももちろん持ってもらえます。

まとめ:ホームページで営業し続けるために

ホームページはただ制作するだけではもちろん意味がありません。またホームページを作ったばっかりの時にある程度集客できても、だんだん集客できなくなってくることもあります。ここで1番大切な事は、ホームページを更新し続けると言うことです。毎日更新する必要ありません。例えば1週間に1回、または月に2回等、日にちを決めて更新をしていくようにしましょう。
私自身がお勧めしているのは毎週更新する形にしておいて、1年には53週ありますので、53の文章を作っておいて、予約配信の形にするということです。
まとめて一気に1年分作っておいて後はほったらかしにすると言う事ですね。もちろんGoogle Yahoo!からすると定期的に新しい部署がアップされているので、ちゃんと更新続けている素晴らしいホームページと言うふうに認識してもらえます。
また検索エンジン対策の方法は、毎年のように変わってくるので、プロのアドバイスがもらえると良いです。

香港ホームページ制作の8つのポイント

香港でホームページ制作をする時に絶対確認が必要な事は何か?ご存知でない方も多いと思われます。
ここでは香港でのホームページ制作で必須なチェックポイントをご説明いたします。
ホームページアドレス(ドメイン)の取得
ホームページアドレスの取得では、一般的に香港のホームページアドレスを取得しようとする方が多いです。実は、これが様々な問題を発生させるのです。例えば、中国では.HKなどのホームページアドレスは、検閲の関係で見れないことが多いです。
また、数年前は世界で最も不正使用が多い危険なホームページアドレスとして.hkが第1位になりました。世界的にもあまりセキュリティが高くないイメージがあるようです。
それに対して.comや.net等は中国でも多く使われているホームページ等です。ホームページアドレスが決め手となってそのサイトが開かないと言った事は避けれそうです。また.comなどではなかなか欲しいアドレスが取得できないと言う問題がありますが、数字を入れることで意外と簡単に希望するようなホームページアドレスを作ることができます。
サーバー
香港の会社だから絶対にサーバーを香港におかなければいけない、といった事は実はありません。実際の体感速度としては日本にサーバーを行った場合と香港にサーバーを置いた場合では変わらないことが多いです。よくサーバー専門会社が物理的な距離が近いほど速度が速くなるということをうたい文句にしますが、そこまで大げさな事はないというのが私の過去10年間の経験に基づいた感想です。
それよりもCDNと呼ばれるような世界各地で見てもサイト速度が速くなる仕組みを取り組んでいることが肝心です。
デザイン
香港でホームページ制作をするときにどのようなデザインが良いのかと聞かれることが多いですが、実は香港はウェブサイトデザインについてはかなり遅れていると言って良いでしょう。また世界的には日本も違う国も含めて全てアメリカのトレンドに従っていく傾向がありますので、アメリカの最新サイトなどを参考にして現代風のサイトにすればいいと思います。
また現地の人は文字数が多い画像が少ないサイトが好きだと言うご意見もありますが、それは単純にサイトのデザインが古いだけだと思われますのであまり参考にしないほうがいいと思います。
機能
香港でホームページ制作をするときに必要な機能とはどういった機能でしょうか?お問い合わせ入力フォームやトップページによくある切り替え画像などは非常に便利な機能です。それ以外にもこれからの検索エンジン対策として重要なページ数を増やすと言う作業するためにもブログやお知らせの機能またよくある質問などもあったほうが良いでしょう。
これらのページを作るときに重要なのはそれぞれの項目が1ページとして表示されるようにすることです。例えばよくある質問の内容を1ページに全部書く会社がありますがそれはページ数としては1ページとしてしか認識されないのであまり良くありません。1ページに少なくとも500文字できれば今後は1,000文字以上の文字を書いて1ページ1ページ独立したページとしてよくある質問を作ると良いです。
キーワード
ターゲットが香港にいる香港人の場合は反対事のキーワードを狙う必要があります。また香港にいる日本人や日系企業が相手の場合は日本語のキーワードを優先する方が良いでしょう。そのキーワードの見つけ方ですが香港では一般的にGoogleやYahoo!が使われているためGoogleのサジェストやGoogleコンソールといったツールを使ってより購入されやすい集客しやすいキーワードを選ぶ方が良いでしょう。
例えば香港にいる日本人をターゲットにする場合は日本語のキーワードを選ぶことが重要ですが、具体的には、香港不動産」や「香港賃貸マンション」など地名を入れることも大切です。
表示スピード
ここ1年ほどでGoogleは1ページあたりの文字数や表示スピードをかなり重視するようになりました。以前はリンクが多いと有利だとかページ数が多ければ良い、といったことがありましたが、現在はまた違うトレンドがあります。
GTMetrix.comなどのサイトを使って自分のホームページがどれだけ早いのか、またスピードが遅い原因は何なのかを知ることができます。このツールはGoogle、Yahoo!などのサイトの診断を1つのページで表示してくれるかなり優れたものです。ぜひ活用してみてください。
検索エンジン対策
香港のホームページ制作で検索エンジン対策はかなり重要ですが、どの言語で現地の人はサイトを見ているのかを知る必要があります。一般的に香港人は繁体字で文字を検索します。そのため中国大陸でよく使われる簡体字でキーワード対策をしてもあまり意味がありません。
また香港で最も見られている検索サイトはGoogle Yahoo!になりますので検索エンジン対策をする場合は必ずGoogleとYahoo!でどうなっているのかを確認する必要がありますまたその場合は日本語版ではなく必ず香港版を使ってください。Googleの場合は検索結果に表示する言語繁体字のみに選択をして検索結果を改めて確認すると良いでしょう。
香港のホームページ制作について以上過去10年間にわたる経験からポイントを絞って書いてみました。ぜひ参考にしてみてください。

香港ホームページ制作会社の選び方

香港でホームページ制作の会社を選ぶときに大事なポイントをご説明いたします。

デザイン提案力

通常皆様が気になるのはデザインです。自分が希望するような綺麗なシンプルなかっこいいデザインが作ってもらえるのかどうか、また社内で他の方にも気に入ってもらえるのかどうか、気になりますよね。

ホームページ制作のときには、その会社の過去の実績からある程度デザイン提案力を知ることができます。また見積もりの段階でデザインをある程度簡単なものを提案してくれる会社もあります。その辺から判断できると思います。

機能開発力

もしかするとあなたが作りたい機能は少し特殊かもしれません。過去にその機能を搭載しているサイトを見たことがあるかもしれません。しかしそれは大手のサイトだからできる高価な機能かもしれないのです。まずはいろいろと競合他社や気になるサイトを調べてどのような機能が必要なのか知っておくことが肝心です。
弊社で一般的に必要と言われる機能には以下のようなものがあります。

お問い合わせフォームの機能。ただEメールや名前会社名を聞くだけではなくてチェックボックスになっていて何か項目を選んでもら機能があった方が良い場合もあります。メールマガジン配信機能で、メールを一括で送信する機能があった方が良い場合もあります。特に色々な機能が必要になって来るのはショッピングサイトです。決済の履歴や、購入いただいたお客様のリストを出力できるのかどうかなど弊社でも 多くお問い合わせをいただきます。

スマートフォン対応

スマートフォンでも見やすいように自動的にサイトの内容が自動調整されるのかどうか、と言うスマートフォン対応の機能は必須と言っていいと思います。

一般的にこのデザインの作り方のことをレスポンシブデザインと言う言い方をします。以前はパソコン用のホームページとスマートフォン用のホームページを分けて作っていましたが、今ではそれは二度手間ですので、同じサイトで1回作るだけで自動的にスマートフォンとタブレットとパソコンで表示が自動的に切り替わってどこでも見やすいように変更されるサイトが主流になってきています。
先日びっくりする信じられない話があったのですが、とある日系会社で「スマートフォンに対応したサイトを作っています」と言われてホームページ制作を注文したらただスマートフォンでも表示されるだけのサイトができてきたと言う話がありました。

パソコンと同じように表示されるので文字があまりにも小さくて音も全く読めないと言うことでした。

集客力

ホームページの集客力とは何でしょうか? 1番重要なのは検索エンジン対策だと思います。サイトを作ればあるけどは自動的にお客様を集客してくれるようなサイトがありそう的ですよね。そこで必要なのは検索エンジン対策にどこまで強いサイトを作れるかと言うことです。一般的にどこの会社も(弊社は検索エンジン対策に非常に強いです)と言うので一般の方にはどこが本当に強いのか全く判断ができません。あえて言うならば過去の実績でどのようなキーワードで今までサイトを1にしてきたのかと言う実績を聞くと1番良いでしょう。

それ以外にホームページの集客力と言うとコピーライティングがあります。要するに訪問者を魅了するような素敵な文章ですね。
ホームページで集客力を上げるために訪問下見をする文章の書き方というのはある程度セオリーが実はあります。よくある失敗ではただ自分が言いたいことだけを書くと言うサイトがありますが、訪問者の立場から訪問者が知りたい情報を訪問者が知りたい順番に書くのがあるべき姿です。

それをアドバイスできない会社はあまりオススメできません。

コミュニケーション力

ホームページ制作ではもちろん何度も打ち合わせをする必要があります。そこであなたが言いたいことが相手にしっかり伝わらないと、制作で何度も非常に苦労することになります。特にトラブルが多いのが打ち合わせ相手が日本人じゃない場合です。ホームページ制作で担当者が日本人でない場合は日本人の意図が汲み取れず、デザインのニュアンス等がうまく伝わらないことが非常に多いです。

あなたが頭の中で思い描いていることを、即座に具体的にしてくれるそういうコミニケーション能力が高いと思われる担当者がいる会社を選ぶ方が良いでしょう。

対応速度

打ち合わせの時にいろいろな質問したいことが出てくると思います。その質問内容に対してどれだけ即座に返答しまた対応してもらえるのか、その対応速度を確認すると良いでしょう。何か質問をして相手がその知識を知らない場合は、そもそも相手は勉強不足なのでホームページ制作を依頼するには少し不安ですよね。

当然その後の制作速度や完成レベルにも影響してきます。

言語能力

実際の打ち合わせでは、日本人同士で日本語で打ち合わせをすることもあれば御社が中国人担当者に作業を依頼して話を進めないこともあるかもしれません。日本語でも中国語でも打ち合わせができるホームページ制作担当者がいれば安心ですよね。いちいち通訳と言うフィルターを通して会話をする必要がないのでよりスムーズに具体的に鮮明にコミニケーションができます。
以上が、香港深セン東莞でホームページ制作業者を選ぶ場合のポイントでした。ぜひいちど確認してみてください。

ホームページ制作メニューバーのチェック項目7

ホームページ制作でメニューバーの制作は必須ですが、考えなければいけないことや問題にぶつかることが多いのもまた事実です。ここではホームページ制作におけるメニューバーの役割とその考え方や構成や項目数についてまとめていきたいと思います。
メニューバー内の項目数

メニューバーにたくさんリンクを入れすぎると一体どれをクリックしたらいいのかわからなくなります。通常はメニューバーの中の項目数は多くても7、8リンクぐらいがいいと言われています。
理想は5つ位にしてなるべく項目を絞ることです。選択は多ければ多いほど逆に混乱を引き起こしてしまいますのでうまく訪問者を誘導するためにもメニューバー内の項目数は少なくしましょう。
メニューバーに入れるべき項目

さてそこで重要になるのがメニューバーにどんな項目を入れるかということです。例えばホームボタンや問い合わせボタンは欠かすことができないと思います。またそれ以外に一般企業であれば会社案内のリンクをつけてさらにその下にいろいろな仮想ページを作ることが良いでしょう。会社概要や、代表挨拶等はこちらに入ります。
ではそれ以外にさらにどのような項目があればいいでしょうか。まずサービス内容については当然必要ですね。それ以外になぜ訪問者が御社を選ぶのか、といった観点から強みまたは選ばれる理由と言う項目を入れておいた方が良いでしょう。
ドロップダウンボタン

最近はメニューバーにドロップダウン色の仮想ページへリンクが飛ぶボタンをつけていることがあります。メニューバーはどのページを開いても同じメニューバーが表示されるのがありそうです。またどのページからでもすぐに行きたいページに飛ぶことができるのが便利なサイトといえます。
それらの観点から、ドロップダウン色にしてダイソー内にそのそれぞれのページにすぐにクリック1つで飛ぶことができれば便利ですよね。そのためにドロップダウンメニューバーはぜひお勧めです。
なお今現在も11インチのパソコンを使う方も多くいらっしゃるので、ドロップダウンで表示する項目数はあまり多くしない方が良いでしょう。多くてもせいぜい10項目ぐらいでは無いでしょうか。表示できないほどの項目を入れてしまうと訪問者にとってはストレスになるので気をつけましょう。

ハンバーガーメニュー

最近はスマートフォンではハンバーガーメニューと呼ばれるボタンが主流です。メニューバーがすべて小さなボタンになっていて感じの山のようなマークになっています。皆様も見かけたことがあると思います。スマートフォンでは表示できる面積がかなり限られてしまいますので、ハンバーガーメニューで呼ばれるこういった形のメニューバーをスマートフォンでは表示させることがお勧めです。
2行に別れたメニュー

時々弊社もお客様から言われるのですが、メインのメニューバーの下にさらに横長のメニューバーを入れて2行に分かれたメニューバーを作りたいと言う方がいらっしゃいます。現在はスマートフォンも考えなければいけないので、二重構造になっているメニューバーは大変使いづらいものになります。そのためあまりオススメできません。
メニューバーの順番

メニューバーにどういった項目をどのように表示していくかと言う順番についてご説明いたします。まずは当然ホームボタンを入れてください。次に御社の強みまたはお客様に選ばれる理由と言うページを入れることがお勧めです。このページでは御社と他者の違いをしっかりと説明してください。表のタイプで比べれるようにすると良いでしょうね。

次にサービス内容です。サービス内容が多岐にわたる場合はドロップダウン色でさらにそれぞれのサービス内容のリンクをつけてください。次に会社概要やお問い合わせボタンを入れてください。これら以外にもよくある質問のボタンや会社の実績のページなどを入れていくと良いでしょう。業種によって入れた方が良いページは異なりますが、一般的に保護者がしたい事は以下の3つと考えていいと思います。それは、御社の強みと金額と一般的な評判です。業種によっては料金のページを作っておくといいかもしれません。
メニューバーの文字数

最後にメニューバーの文字数ですが、ページのタイトルと全く同じ文字数を入れる必要はないので、文字数を切って短く分かりやすくしましょう。
以上メニューバーについて弊社が通常お客様に説明をする項目や内容についての説明になります。上記以外でメニューバーについて考えた方が良いのは、例えばお問い合わせボタンは名前をお申し込みボタンに変えるだとか、そもそも問い合わせボタンと申し込みボタンを開けるということもいいと思います。

さらにそれらの最もアクションを起こしてほしいボタンについては色を変更するといいかもしれません。

ホームページデザイン決定の流れ

ホームページのデザインは誰がどうやって決めれば良いんでしょうか?今回はそれぞれのデザイン箇所
ホームページデザイン制作の流れ

まずはホームページ制作会社にいくつかデザインパターンを提案してもらうのが良いでしょう。その際は細かいデザインはまだ決めず、ざっくりとしたデザイン構成を決める方が良いです。
例えば、今日現在でしたらサイドバーを作らずスマートフォン対応を見越してのシンプルかつ軽量なサイトで構成を考えるのも一つの手です。
逆に細かなデザインを多用するとサイトはどんどん重たくなり、検索エンジン対策としても不利になります。
次に、ロゴマークや競合会社の色調、御社がお客様に与えたい印象からメインカラーを決定します。
そのあとで、サブカラーを1、2色の範囲で決定し、補色としてグレー系などの色を使うかどうかを判断します。
以下はさらにパーツ毎のデザインについてご説明いたします。
ロゴデザイン

ロゴはすでに会社指定の色彩や寸法、フォントが決まっているという会社様も多いです。一方で新しく創業された会社様で「ロゴマークはまだない」という方も少なからずいらっしゃいます。
会社指定のロゴデザインがある場合は、GIF形式やJpeg形式ではなく、なるべくオリジナルの元画像を提供した方が良いです。通常はイラストレーターやフォトショップで作られているはずなので、AI形式やPNG形式になっています。
たまに中国ローカルが作成したものだと コーラルドローというソフトで制作されたCDR形式であることもあります。

スライダー画像デザイン

スライダー画像とは、トップページの1番上のほうによく表示されている切り替わる大画像のことです。

昔はフラッシュ画像と言うやり方もしていました。フラッシュと言う技術で画像を表示するのは、現在ではスマートフォン対応ができていないため古い技術と言うふうにみなされています。

現在はスマートフォンにも対応した様々な制作方法があるのですが、このスライドは画像はぱっとホームページを開いたときに1番大きく見えるのでインパクトがあります。大企業であればブランディングのためにメッセージを書くこともあるかもしれませんが、中小企業の場合は、ブランディングイメージよりも、具体的なサービス内容を強くPRしたほうが利益に結びつきやすくお勧めです。
メニュバーデザイン

スマートフォンからの訪問者が主流になりつつある今、メニューバーはどんどんシンプルにそして軽量になっていってます。昔はよくグラデーションや陰影をつけたような様々なおしゃれなメニューバーもありました。ところが現在ではそれらの画像は表示速度に影響するほど重たいので、敬遠されるようになりました。今現在の主流はシンプルでかつ軽量なデザインのメニューバーです。
タイトルバーデザイン

タイトルバーとはトップページ以外のサブページでページタイトルが保持されている場所のことです。おしゃれなサイトだとページタイトルの背景に画像が入っていたりデザインが入っています。トップページ以外ではほぼ全てのページにタイトルバーがありますのでそのデザインをしっかりと決めておく必要があります。
サイドバーデザイン

サイドバーとは、各ページの左サイドもしくは右サイドにある縦長のスペースのことです。サイドバーには通常メールマガジンへの誘導や問い合わせページへの誘導のための画像バナーを貼り付けることが多くあると思います。最近では検索エンジン対策の為もあってよく見られているページのランキングや最新のブログが表示されていることがあると思います。ここで注意するべき事は、それぞれのブログには必ず画像をつけると言うことです。文字だけのブログ記事へのリンクはあまり魅力的ではありませんが画像がブログの記事に一緒に掲載されているだけで読みたくなります。
フッターデザイン

フッターとはほぼ全てのページに共通して表示されているページの1番下の部分を指します。通常は問い合わせ方法や主なページのリンク最新のお知らせなどが表示されていることが多くあります。
ここではあまり凝ったデザインにしてしまうと、文字リンクが読みづらくなってしまうのでシンプルにまとめたほうがいいと思います。
画像バナーデザイン

先程の話にまたサイドバーいやトップページに必要となる可能性がありますが、画像バナーはインパクトが結構あるので、しっかりとしたデザインで制作したほうがいいです。サイトの重さを気にする場合はどちらかと言うと写真よりもイラストの方がかなり軽くなるのでオススメです。
以上ホームページのデザインについてまとめてみました。通常はこれ以外にも訪問者をどのように誘導していくかと言う観点からデザインの全体を考える理論もあります。またそれらは別途ブログで書いていこうと思います。

香港ホームページ制作初めての打合せ3つのポイント

香港でホームページ制作の初めての打合せで、どのような点に注意して進めれば、迅速かつイメージ通りの制作ができるでしょうか?
今回はホームページ制作で理想的な流れで進行するためのポイントをご説明いたします。
ホームページ制作打合せの場所

どこで打合せをするか、ですが理想はご自身の会社と思われます。打合せの話題で出てきた御社のあれこれをすぐに調べたりサンプルなどを持ってこれるのは御社内だからです。
御社のオフィスがご用意できない場合は、無料のWi-Fiが使える場所が良いでしょう。
香港では、例えば騒がしいですがマクドナルドでは60分単位で最大1日4回まで無料でWi-Fiが使えます。
スターバックスなどでは20-30分が一回といった感じですね。ホームページ制作会社に「チムサーチョイ、セントラル」などある程度の希望エリアだけを伝えて、あとは場所を指定してもらう方がいいかもしれません。
ホームページ制作打合せの時間

打合せ時間ですが、当然ご自身の時間の都合を考えれば良いのですが、御社や御社の関連会社様などのことを考えると香港独特のランチタイムが13:00-14:00である事を踏まえて時間設定をした方が良さそうです。
通常は打合せは早くて40分、長いと2時間くらいかかります。余裕を持った時間設定をされた方が良いです。
ホームページ制作打合せの担当者

実際の打合せに参加される方は、まずはホームページ制作担当者の方が一名参加する必要があります。
それ以外に、一番最初の打合せの時だけは、担当者の上司、総経理の方など一応面識だけはあった方が良いので名刺交換だけでもできる場をもうけておいた方が良いです。最終意思決定者が上司の場合は初回だけでも参加いただけるようにしてください。
これだけでその後の進捗スピードが大きく変わります。
ホームページ制作打合せの内容

制作の予算:目標予算や上限などをきめておくとスムーズです。
制作の納期:展示会や販売に関連する日程を踏まえて最終期限を余裕を持って決めておきましょう。
デザイン提案可否

ある程度事前にデザイン案を頂けるか相談してみましょう。例えば弊社では見積もり段階でもある程度デザイン提案を無料で行なっています。
希望する機能が開発できるかどうか

意外と問題が多いのがこの点です。
ホームページ制作の目的

そもそもなぜホームページを作る必要があるのか。意外と多くの大事な点をホームページ制作がきちんと確認してないことが多いようです。

弊社のこれまでの12年の経験によると、ホームページ制作で最も期待することを目的としてはネット上からの集客が圧倒的に多いです。次にネット上の会社パンフレットがわりに、営業が説明しやすいように製品紹介などを詳しく書くホームページが多いです。他には、きちんとしたホームページがないと会社の信用に関わる、ホームページが古くなってしまったのでリニューアルしたいと言ったことがあります。
ホームページ制作打合せの準備

実際にホームページ制作を依頼する場合にどのような準備が必要でしょうか。

もちろんホームページ制作外車と最初にキャスをするときに詳しくその辺を聞いても良いのですが、準備はしっかりしておいた方が物の進行もスムーズになります。
デザインや構成の参考にしたいサイト
こんな風な印象のデザインにしたいな構成にしたいなと思われるようなホームページをあらかじめいくつかピックアップしておくと良いでしょう。具体的なたたき台が1つあるだけで色をどうするのか、ページ構成をどうするのか、言語数やその他の機能は必要かどうかを判断するのに良い材料になります。
現場のホームページに対する不満や問題点をピックアップ

社内でも色々な意見があると思いますので現場のサイトへの不満や不安、疑問点や新しいサイトを作るとしたらどうしたいのかと意見を事前にある程度まとめておいた方が良いです。制作が進んでしまってから様々な意見が出て方向転換をつまられるとすでに制作が開始していることもあり時間が倍以上かかってしまうというケースもあります。
ホームページ制作打合せの流れ

最後にホームページ制作をするときの実際の初回打ち合わせの流れについてご説明します。

経験のあるホームページ制作会社だと初回打ち合わせでチェックすべき内容がすでにチェックシート形式などで用意していると思います。具体的には以下のような項目が確認が必要です。ホームページアドレスをどうするのか、サーバーをどうするのか、制作する言語数、ページ数とページ構成、ブランディングも考慮したうえで何色にするのか、などがあります。

その後はなるべく早くホームページ制作の見積もりをもらいましょう。見積金額が予算をオーバーしている場合は一切の時差の予算を説明していちど相談した方が良いでしょう。いらない機能やページを削ったり相談できることがいろいろあるかもしれません。

以上、ホームページ制作の打合せについてご説明しました。

こうでしょ?誰でもできるチャンス獲得法則

こうでしょ?誰でもできるチャンス獲得法則

まずはこの写真を見てください。
香港空港に向かう陸橋から撮ったものです。
時速80km以上の高速バス
良い景色が見えたのはわずか1分。
ピントや構図を合わせてシャッターを丁寧に切る時間はなさそうです。さて、どうしたか?

そう、ピントや構図無視で狂ったようにシャッターを切りまくったんですね(笑)
パシャパシャパシャパシャパシャ…

さっきまで大声で賑やかだった後部座席の中国人夫婦が絶句してました、驚いて(笑)
で、30枚ほど撮って選んだのがこの一枚です。
自分でもあまりにキレイに撮れていてビックリしました。

これ、すごい学びがあると思いませんか?

チャンスと思ったら、数を打って当てていく。
当然TPOSは考える必要がありますが、この考え方は応用が効くと思いました。

例えば弊社はホームページ制作会社です。
デザインアイデアや集客方法を数多く伝えれば「あ、これいいな」と思ってもらえるものが1つくらいあるかも知れませんね。

この手法、実は80年代を一世風靡した天才漫才コンビが使っていました。B&Bとそのパターンを真似た紳助竜介です。
口早にどんどんネタを繰り出すので多少すべったネタが入ってても全体として評価が上がって成功しました。
アイデアは何処にでも転がっているのかもしれませんね。活用できるかどうかは、自分次第なんでしょうね。
ちなみに私はiPhoneでパシャパシャ撮っているときに少しづつカメラを上下にずらして、電線や陸橋のワイヤーが写らないように工夫しました。
工夫は大事ですね。
是非あなたも、「数をうつ」手法を応用してみてください。

語学留学の非常識な超効率的学習法

あなたは、語学留学をしたことがありますか。

私自身は北京に2年間と、フィリピンには1週間位の英語留学を数回したことがあります。

その時、多くの留学生の勉強方法をつぶさに観察してきました。
そして、そこで感じた最短最速の勉強方法を7つにまとめました。

今後、留学する方の参考になれば幸いです。

1、インプットとアウトプットのバランス

通常、机に向かって単語覚えたり、座って黙って授業を受けるのはインプット作業と言えるでしょう。
ところが、インプットだけだと、人間の脳はどうも記憶を定着させにくいようです。
そのためインプットと同じ量のアウトプットをすることでバランスを保つと、記憶が定着しやすいようです。
例えば、今日勉強した単語はとにかく1回でもいいから口に出して使ってみる事などが有効です。

2、五感学習法

脳の活性化でよく言われていることですが、なるべくより多くの五感を使うことで、記憶が残りやすくなります。
例えば、単語を覚えたい場合は、紙にその単語を書きながら声に出して読み、そしてできればイヤホンをすることで自分の声が聞こえますので、それで自分の声も聞いて覚えるというものです。
またその単語が喰べ物や飲み物である場合などは、その味や香りを思い浮かべると効率的なようです。

3、ライバルを探す
良いライバルをもつと、お互いに励ましあい頑張ることができます。私のオススメは2種類のライバルを持つことです。1つは同じレベルでがんばっている人です。

そして、もう一つはレベルは高いけれども傲慢であまり伸び悩んでるような人です。このような人は態度も横柄で、失礼な人が多いと思いますが、その人いつか打ち負かそうと思うと頑張れると思います。
私の例で言うと、留学したての頃にすごく横柄なイギリス人がいて、英語で話しかけると中国語をマスターしているので英語を忘れたから中国語で話してくれないか?と言われました。

私はそれから猛然と勉強し、4年以上中国語を勉強していると言う彼のレベルを1年半で超えました。
わずか、1年半で同じクラスに上り詰めると別れも持っていなかったようで、私が同じレベルの語学クラスに来ると、偶然かも知れませんが彼は授業に来なくなり、そして学校をやめてしまいました。

4、積極的な飛び級

何も授業と同じスピードで勉強する必要は無いのです。授業は基本的には教科書を使って進みますので、そのまま教科書を使ってどんどん先に進めばいいのです。
そして今自分がいる語学クラスがレベルが低いと感じたら、多少無理してでも上のレベルのクラスに行くのです。
飛び級をする快感を覚えたら、勉強ももっと楽しくなり成長も早くなると思います。

5、中国語を中国語辞書で調べる

留学で3ヶ月ほど経ったら、ぜひお勧めしたいのがこの方法です。中国人が使っている中国語の辞書を使って中国語の単語を調べるのです。
おそらく最初の3ヶ月ほどは大変苦労すると思います。わからない単語を調べたらさらにまたわからない意味の単語が出てきて延々と単語調べ続けることになるからです。

しかしそんな苦労を過ぎると中国語の単語の意味を中国語で説明できるようになってきます。つまりこれは何も考えずに中国語で話ができるようになるということです。

6、会話できる環境を探す

銀行の手続きでもネット購入でも料理の注文でも、とにかくどんどん自分でやってみることです。
私のオススメは留学生が住んでいるビルの1階にソファーがあり常に警備員がいたのでずっと警備員と話をしていました。

またお金がなかったので日本語勉強したいと言う学生と1時間交代でお互いに教えあいも しました。そしてこの自分の持ち時間である1時間を使ってずっと絶対に日本語を使わないと言うルールを決め、どんなに苦しくても絵を使ってでもとにかく中国語で自分の言いたいことを伝える練習をしました。

7、旅の恥はかき捨て

日本人はきっちり正確に発音しきっちり正確な文法で話をしようと努力する傾向が強いように思います。
結局のところ語学と言うのは意味が伝わればその目的を達成します。
また実際の現地の人はそんなに正確な発音もしていませんし文法もめちゃくちゃなことが多いのです。
そのため、恥ずかしがらずに、とにかく無茶苦茶な文法で無茶苦茶な発音でもいいので話し続けることをアウトプットし続けることが非常に大事だと思います。

そして間違えて大恥をかいたら、その恥をかいたと言うのがきっかけになり、間違えた単語が脳にしっかりとインプットされ覚えられるようになります。

文法がむしゃくしゃでも一切気にしないことです。他の人もあなたが文法を間違えたことなんて3日もたてば忘れます。

アイデアに困ったらオズボーン発想術法アプリ「OsCheck」

企画会議やビジネス、サークル、果ては趣味に至るまでアイデアが必要なシーンは色々ありますよね。

画期的な良いアイデアを手に入れたい時、いろいろな方法があります。最近では書店出かけることも多くなったフレームワークと言うのもその一つですね。マインドマップやマンダラート、SWOT分析などなどいろいろな方法があります。

今回は強制的にアイデアを出すオズボーン方と言うアイデア発想術をアプリにした面白いツールを紹介します。

オズボーン法というのは、1つのキーワードをベースにして9つの角度からアイデアを出すものです。

以下の9つの視点で考えます。

1.転用
  新しい使い道はないか?他分野へ適用できるものはないか?
2.応用
  類似したものはないか?真似はできないか?
3.変更
  色彩、作用、効果、音声、香り、様式、形を変えることはできないか?
4.拡大
  もっと大きく、強く、高く、長く、厚くできないか?
  時間や頻度など変更できないか?
5.縮小
  より小さく、軽く、弱く、短くできないか?
  省略や分割できないか?何か減らすことができないか?
6.代用
  人、物、材料、素材、製法、動力、場所を代用できないか?
7.再利用
  要素を、型を、配置を、順序を、因果を、ペースを変えられないか?
8.逆転
  反転、前後回転、左右回転、上下転、逆順、役割など転換してみてらたどうか?
9.結合
  合体したら?混ぜ合わせてみたら?
  単位や目的を組み合わせたら?

そして、これらのオズボーンチェックリスト法をいつでもスマートフォンで処理ができるアプリにしたのが以下のものです。
どうしてもアイデアが出ない時は使ってみるのもいいかもしれませんね。

Weblio
「強制連想型アイデア発想ツール、オズボーンのチェックリスト。企画会議、起業やビジネス解決 起業や開業、副業のブレストの前に問題悩みなどを思考を整理して発見しよう」
https://appsto.re/jp/-StAJ.i

香港で賃貸マンション不動産サイトを制作するためのポイント

香港で賃貸マンションや不動産サイト制作するには、いくつかの以上に重要なポイントがあります。ここではそのポイントについて説明したいと思います。

まずは制作する段階においての言語です。

この記事を読まれていると言う事は日本人をターゲットにしているまた日本語メインにしている分だと思います。

新しい担当者は現地中国人香港人でことがあり得ますので、中国語のページもあったほうがいいでしょう。中国語は通常簡体字と繁体字がありますが、香港では繁体字が使われています。

香港では必ず繁体字で検索をするようにしましょう。

次に物件数です。待っといて物件紹介数が少ないと思われればとやすもされにくくなります。そのために作なくともトップページにはたくさんの物件とその詳細情報を掲載しておいた方が良いでしょう。

つぎには、実績です。

過去にお客様に紹介して通訳した事例をできればお客様の顔写真とお名前そして柿の感想文、手書きが難しい場合は文字に力でも構いませんが、そのような行為をいただくことが重要です。

第三者の意見を聞くと、そのサービスに対して非常に安心感が生まれます。

通常新しい場所に住む場合は朝シャワー少なからず緊張しているので、まずは安心させてあげる必要があると思います。

例えば、自分の好みに合った物件がたくさん中から選べるのかどうか、丁寧に案内して説明してもらえるのかどうか、見つけるまでのプロセスはスムーズにいくのかどうか、予算が合うのかどうか、日本語がちゃんと通じるような対応してもらえるのかどうかと言うのがあると思います。

これらの問題を解決するためにも、まずはトップページに豊富な物件数があるように写真をつけて分かりやすくたくさん持参した方が良いでしょう。また紹介完了までの流れを簡単に書いておく必要があります。

あと、どのようなスタッフが日本語でしてもらえるかどうかといのスタッフ紹介の形で書いておくと良いでしょう。

最後に、料金の目安や会社への申請フォーマットを用意してあげると喜ばれると思います。
ぜひご検討ください。

香港ヘアサロン病院のサイト制作のポイント

香港でヘアサロンや美容院のサイト制作をする時のポイントがいくつかありますので説明いたします。

通常お客様が判断される要素として場所がどこにあるのかというのがあります。

そのために、場所がどこにあってどのようにアクセスすればいいのかというのをトップページから大きく書いておいた方が良いでしょう。Google地図等で明確な地図の場所も動く地図で確認できるともっと良いと思います。

また2つ目として料金体系も明確にしておいた方が良いです。どのような形やパーマをすればどのような病気になるのかというのを作ランク別で明確にしておいたほうがいいと思います。それによって自分が行きたいやサロン美容院なのかどうかというの訪問者が判断できるようになります。

後はお客様の声や実績ですね。実際の客様の写真やお名前を入れて感想がかけると1番いいです。
もちろん通常なかなか感想を文字ではいただけないので特典などを付けて特別に頼むのが良いと思います。

香港日本料理店ホームページ制作のポイント

香港で日本料理店のホームページ制作において重要なポイントは以下のようになります。

  1. メニューの情報提供: 日本料理のメニューを詳細に提供することで、潜在的な顧客がサイトを利用する意味を持たせることが重要です。
  2. オンライン予約システム: オンライン予約システムを提供することで、潜在的な顧客が店舗に行くためのハードルを下げることが重要です。
  3. 店舗の場所や営業時間の情報提供: 店舗の場所や営業時間などの情報を提供することで、潜在的な顧客が予約をする際の手間を省くことが重要です。
  4. アクセシビリティ: 誰でも利用できるようにアクセシビリティに対応することが重要です。
  5. セキュリティ: 個人情報などの顧客の情報を保護するために、サイトのセキュリティを確保することが重要です。
  6. 言語対応: 香港は中国語と英語が公用語となっており、サイトは中国語と英語の両方に対応することが望まれます。
  7. 店内の雰囲気や料理の写真などを掲載することで、店舗の雰囲気を伝えることができ、顧客にとっても興味を持つきっかけになる
  8. スマートフォン対応: 香港ではスマートフォンが普及しており、スマートフォンに対応したデザインやレスポンシブデザインにすることが重要です。
  9. 目がプロが撮影したおいしそうな料理の写真、時々スマートフォンや社内の人間が撮影した写真を使う方もいらっしゃいますが、その場合ほとんどの写真が薄暗くまた写真の色彩にメリハリのないおいしくなさそうな写真になることが多いです。
  10. どうしても予算を削ってなおかつおいしそうな料理を撮影したい場合は、カメラを使うよりもむしろ料理撮影に特化した撮影機能があるアプリを使う方が良いでしょう。
  11. 場所と料金:通常香港では地下鉄で移動する方も多いと思います。どこの地下鉄の駅から徒歩何分で到着できるのか書いておいた方が良いでしょう。もちろんGoogle マップなどを使ってますが分かり易くしておくとより喜ばれます。また料金が不明確だと予算を組みにくく訪問しづらくなりますのである程度の目安を記載しておく方が良いです。
  12. お客様の声:実際にお店に来ていただいた方々の写真とお名前また感想のコメントなどがあると、第三者の感想として非常に説得力があり読んだ方は行ってみようと言う気持ちになります。

ブデザインにすることが重要です。

香港で不動産サイト/賃貸マンションサイト制作をするコツ

香港で不動産サイト/賃貸マンションサイトを制作する上でのコツは以下のようになります。

  1. 位置情報の表示: 香港は地理的に狭いため、物件の位置情報を正確に表示することが重要です。
  2. カタログの詳細な情報提供: 物件の詳細な情報を提供することで、潜在的なテナントがサイトを利用する意味を持たせることが重要です。
  3. オンライン予約システム: オンライン予約システムを提供することで、潜在的なテナントが物件を見学するためのハードルを下げることが重要です。
  4. 賃料や料金の情報提供: 賃料や料金などの情報を提供することで、潜在的なテナントが予算を算出することができるようにすることが重要です。
  5. 言語対応: 香港は中国語と英語が公用語となっており、サイトは中国語と英語の両方に対応することが望まれます。
  6. アクセシビリティ: 誰でも利用できるようにアクセシビリティに対応することが重要です。
  7. セキュリティ: 個人情報などのテナントの情報を保護するために、サイトのセキュリティを確保することが重要です。
  8. 日本語対応: 外国人にも使いやすいように日本語対応も考慮することが望ましい
  9. 3DツアーやVR機能などの新しい技術を導入することで、物件をより詳細に理解できます
  10. 物件の豊富さ:通常日本人が住む物件はあまり種類が多くないかもしれませんが、物件が豊富に見えるように工夫をしておく必要があります。例えばトップページにたくさん物件の名称と画像を入れるだけでもかなり物件数がたくさんあるように見えます。
  11. 問い合わせのしやすさ: 現地の不動産会社で心配されることが1つが日本語でちゃんと対応してもらえるのかどうかということです。日本語がしっかり話せるスタッフがいることを写真付き名前付きでしっかり説明することで安心感が生まれてきます。安心感が増すと問い合わせがしやすくなります。
  12. 成約までの流れ: 問い合わせするメールアドレスや電話番号、また問い合わせした後どのような流れでどういうふうに契約されそして契約するのか明確にしておくと、自分の制約がイメージしやすく、問い合わせ率を大幅に向上させる大きな要因となります。

以上です、ぜひ試してみてください。

香港で、クリニックサイトや病院サイトを制作する場合の大切な10ポイント

香港でクリニックや病院のサイト制作において重要なポイントは以下のようになります。

  1. 言語対応: 香港は中国語と英語が公用語となっており、サイトは中国語と英語の両方に対応することが望まれます。
  2. 医療関係者の信頼性: 医療関係者の資格や経歴などを明示することで、サイトの信頼性を高めることが重要です。
  3. コンテンツの信頼性: 医学的に正確な情報を提供することで、サイトの信頼性を高めることが重要です。
  4. 治療・診断・予防に関する情報提供: 治療・診断・予防に関する情報を提供することで、患者さんがサイトを利用する意味を持たせることが重要です。
  5. オンライン予約システム: オンライン予約システムを提供することで、患者さんが病院やクリニックを受診するためのハードルを下げることが重要です。
  6. 診療時間・休診日の情報提供: 診療時間や休診日などの情報を提供することで、患者さんが予約をする際の手間を省くことが重要です。
  7. セキュリティ: 個人情報などの医療関係者の情報を保護するために、サイトのセキュリティを確保することが重要です。
  8. 日本語でしっかり対応してもらえるのかどうか説明することです。多くの方は英語や中国語があまり得意ではありません。そのために日本語でしっかりと診断ができる医師がいることを説明しておいた方が良いでしょう。できれば顔写真と名前と簡単な挨拶のコメントを気にしておくと良いでしょう。
  9. 交通アクセスについてですが、場所はどこでどこの駅から近いのか何を目印に行けば良いのかなどを明確にしておくと良いでしょう。特にGoogle マップなどを使って移動しながらでもその場所を探せるようにしておくと助かると思います。
  10. 最後に保険の適用です。写真料金なども含めて料金がどれくらいになるのかまた日本の家まで気をできるのかどうかを書いておいた方が良いでしょう。料金がわかると問い合わせがしやすくなります。

ぜひ参考にしてみてください。

セカイウェブの記事