多言語ウェブサイトのマーケティング戦略五つのステップ

多言語ウェブサイトのマーケティング戦略五つのステップとは

自社のサイトを多言語で制作する時の戦略をしっかりと事前に立てておく方がより効率的に集客成約に結びつくことができます

現在世界の約40%の人々がインターネットに接続して情報提供また情報収集をしています

そしてその数は絶え間なく増加し続けています

もちろんだからといって中国人の人々があなたの会社に興味を持つようではもちろんありません

とりわけコンテンツの制作に失敗した場合はわずか一人の人にも見向きもされないということになります

多言語コンテンツマーケティングのそして正しくサイトを機能させるためにはターゲットにしている市場に正しくマッチングさせる必要があります

具体的にはターゲットに合った言語だけではなく画像やソーシャルネットワーキングツールの活用が欠かせません

ターゲットが、どのようなものを購入したがっていて、どのようにして情報を受け取りたいのかを考える必要があります

例えばアメリカやインドブラジルなどは Facebook ユーザーが圧倒的人気を誇っていますが、中国では7億人いると言われるインターネットユーザーの中でフェイスブックを使っているのは本当にごく1部の人だけです。

多くのユーザーはWeChat やウェイボー、物販であればタオバオを活用して物を購入することがほとんどです。

検索エンジン対策を最適化するのと同様にコンテンツを最適化することは非常に重要です

どこの国でも Google が一番使われているわけではないのです

ロシアではヤンデックスが使われ、韓国では NAVER、中国ではBaiduや360がよく使われるといったような感じです

また、インターネットの速度も考慮する必要があります

とりわけ中国ではダウンロードにかかる時間が日本のコンテンツを中国で見てもらう事が難しくなっています

多言語コンテンツマーケティングの戦略を実行する5つのノウハウを以下に解説いたします

会社としてのメッセージの固める

国ごとに翻訳のみならずブランディングなど様々な要件現地向けに作成していくとどんどん会社の発信したい1番コアとなるメッセージから外れている可能性があります

それこそ国に合わせて色やデザイン、構成、チャンネルなどどんどん変えていくと管理だけでも膨大になりとても現実ではなくなっていきますね

もともとあまりコーヒーを飲まない中国でもスターバックスが爆発的に大成功したように、どこの国に行ってもマクドナルドがあり現地の味を多少取り入れてもやはり安心感を持ってサービスが提供できているように、強いコアイメージというのはお守り抜く必要があります

最初から各国に現地化しやすいコンテンツで作成する

コンテンツを作るときに最初からさらに書く国に合わせたローカライズをすることを念頭において作成することが重要ですそうすることで翻訳費用だけでなく利益をどうするかといった問題に煩わされることなくなります

例えば日本のことわざや慣用的表現地元でしか通じないようなジョークや文化的なイディオム流行語などはなるべく排除した方が良いです

最初の原稿のコンテンツを作るときに文章が一文字でも間違っているとその後翻訳に膨大な理解ミスがあり全文が多かったこともありますまず最初の元号をしっかりとなるべく平易な文章で作成することが大事ですまた専門用語はなるべく別枠で逆中として説明も追加しておく方が良いでしょう

適切な翻訳管理を行う

多言語のコンテンツを作成し翻訳する時に誰にどのように翻訳してもらうかは非常に重要です

一番困るのが Google 翻訳などを使った機械翻訳ですね君が50%ぐらいでダメになる可能性がありますどうしてもコストを削減した良い場合は仕方がないかもしれませんがその場合でもなるべく1文1文を短く切って複雑な表現にならないようにすることである程度翻訳ミスを防ぐことができます

逆に理想の話でいうと必ず現地の人間に翻訳を依頼する方が良いです

そしてその後日本人の女から翻訳を再度チェックできると理想ですね

また喉によくあるのですがどのページはどこまで進んでるのかも管理する管理ができていないと翻訳漏れや全然違う翻訳が紛れ込んでいたりかなり混乱をすることになります

実際中国ローカルの会社に依頼をして制作が来てたっても完成せず掲載依頼が来るケースがこれまで多くあります

多言語キーワード戦略の重要性を考える

インターネットの世界ではキーワードが見つけて頂ける全てと言ってもいいかもしれませんひとつの単語でも翻訳することで全然違う意味になってしまうこともあります翻訳する人間がただの機械翻訳ではなく文化的背景をしっかりと理解している人間じゃないとちゃんとした翻訳はできないのが現実です間違った単語に翻訳されてしまうともちろんターゲットはそのキーワードで御社のサービスを希望することはなく問い合わせも来なければ成約もしないということになります

翻訳したキーワードが、広く使われているキーワードなのかどうかをしっかりと確認しておく必要があります

 

 

多言語 Web サイト制作費用はいくら?【業者別比較】

多言語 Web サイトの制作費用っていくらなのか?

すでにホームページがある方と、まだホームページを持っていない方で、多言語ウェブサイトにかかる費用というのは大きく異なります。

多言語 Web サイトを作る上でかかる費用は大きく分けると、制作の技術的にかかる費用と、その文章や画像などのコンテンツの翻訳をするのにかかる費用にわけることができます。

多言語ウェブサイトの翻訳費用

一般的な翻訳会社にご注文した場合英語の翻訳をしようと思うと、約12万円前後かかることになります。

一般的な会社のホームページの場合、概要や会社沿革などのページで1ページあたり1000文字ぐらいです。

後は、サービス紹介などのページにどれぐらい文章を書くか次第ですね。

作業自体は、 Google 翻訳ではどうかなという相談を受けることがよくあります。

翻訳では翻訳の精度は40%から60%ぐらいで、意味をなさないものが非常に多いです。

まためちゃくちゃな文面だと、 Google や Yahoo から迷惑サイトという風に認識をされてしまい、検索上非常に不利になってしまいます。

検索されにくいということですね。

マイナスポイントが付いてしまいます。

ただしもちろん費用は無料でできますね。

次に超格安の翻訳業者に依頼した場合ですが、ひとつの単語あたりで1円から10円ぐらいとなります。

例えば、中国ローカルの会社を見つけて翻訳を依頼すると、これぐらいの金額になります。

私自身、過去に中国の大手翻訳会社10社に、お試しで翻訳依頼をしたことがありますが、すべて最悪な翻訳内容でした。

意味が全く通らないばかりか、そもそも言語レベルも怪しいような翻訳者ばかりで、私自身が英語と中国語ができるので、かなり失望してしまった記憶があります。

プロの翻訳業者を探す場合

日本や欧米圏でプロの翻訳者を探すと、費用は高くなりますがもちろん安心感はありますよね。この場合だと、一単語でだいたい8円から15円ぐらいとなります。

どうしても予算を削りたいが翻訳はちゃんとしてほしいと思った場合は、たとえば会社概要の会社住所などは自分で翻訳をして、サービス案内などの大事なところをプロに任せると良いかもしれませんね。

ホームページ制作にかかる費用を見ていきましょう。

ホームページアドレスの費用

ホームページを制作するには、ホームページアドレスが必要となります。一般的にはこれをドメインと呼びます。

多言語でホームページを制作する場合多くの方は、一つのドメインを購入して、それを各言語ごとにページを追加していくという方法を取ります。

それ以外に、国別でホームページを作りたい場合は、そもそもホームページアドレスをする、または言語ごとに購入し設定していくという方法を取ります。

ホームページアドレスは種類によって異なりますが、一番安いドットコムで年間1600円前後です。

ただしアドレスによっては、年間1万円近くかかるものもあります。

また. co . jpのように事前申請や企業情報を提供する必要があるものも存在します。

ただし、この金額はドメインの設定の費用は入っていないので、自分で学習していく必要があります。

多言語ホームページのサーバー費用

サーバーの金額は本当にピンキリです。

月々500円ぐらいの動きがめちゃくちゃ遅い古いサーバーを格安で提供している大手会社もあれば、月2万円を超える専用サーバーというものもあります。

これらの金額には、ほとんどの場合、サーバーの維持管理やメンテナンス、ソフトウェアのアップデート、バックアップの管理、セキュリティ維持などは一切含まれていないので、自分で管理していく必要があります。

気がついたら、ホームページがウイルスだらけで復旧させたいけどバックアップを取っていないので、ゼロから作るしかないといったことがないようにしないといけませんね。

サーバーは、プロに管理してもらうのが一番いいですが、コストもかかるので、自分の予算と相談ということになります。

多言語ホームページの本体制作費用

一般的な日本語のホームページ制作で、10ページほどのサイトを作る場合、20万円から50万円ぐらいが相場となります。

ただし、大手の制作会社に依頼をすると、細かなデザインまできっちりと設定してもらえる代わりに、金額が2倍3倍というふうに上がっていくことがよくあります。

例えば、最初の日本語の10ページぐらいで作ろうと思ったら、30万円ぐらいです。

英語と中国語もまとめて作ろうと思うと、多言語化するためにかかる費用は最初の言語の+30%から+100%という形です。

2回追加されるという計算になるので、約50万円かかるといった具合です。

多言語 Web サイト制作の費用の結論

多言語のホームページを作るには、ホームページアドレスやサーバー、翻訳、そしてホームページ自体の制作と、色々と費用がかかります。

10ページぐらいの簡単なホームページを作ろうと思っても、制作だけで50万円以上翻訳代金と、サーバー代、ホームページアドレス費用がかかるというふうに考えておく必要があります。

サーバーは毎月毎月かかる費用ですので、こう考えると制作で50万円から、そして月々の管理費用でサーバーレンタルとサーバー維持管理費用で8000円から3万円ぐらいが相場とみていいでしょう

それ以外に、ホームページの修正を依頼しなければならない場合は、月々1万円から3万円ぐらいが一般的な相場となっています。

是非バランスを考えて色々と業者を探してみてください。

多言語ドットコムでは、完全無料月々1万円のみで、多言語ウェブサイトが制作でき、サーバーレンタル費用や維持管理費用も全部コミコミの金額で、サービスを提供しています。

翻訳に関しては文章テンプレートを要してるのでなるべく費用がかからないようにしています。

無料お試しもご提供していますのでぜひお気軽にお問い合わせください。

多言語ウェブサイトで労力ゼロで訪問者が爆増!?

多言語ウェブサイトで労力ゼロで訪問者が爆増するには

多言語ウェブサイトを作るだけで爆増することなんて本当にあるんでしょうか

例えば英語のみのウェブサイトを持っているとしますその場合英語以外の言語を話す75%のユーザーへのPR をあきらめていることになります

これが日本語のみのウェブサイトを持っているとしたらどうでしょうか

ざっくり計算しても85%以上の世界中の人々からの訪問を諦めてるということになります

事実として四つの言語で翻訳をしたサイトを作っただけで訪問者数が50%増えた実績も多数出ています

日本のマーケットである程度売り上げが出ていてそこからさらにシェアを伸ばしていこうと思うとなかなか大変だと思います

ところが多言語のウェブサイトを作るだけでそのままほぼ同じ商品でマーケット4倍も5倍も増やすことができたら素晴らしいですよね

これが簡単にできてしまうのが多言語 Web サイト制作と言えます

多言語 Web サイトを作るステップは三つあると思います

それを一つずつ解説していきますね

一つ目のステップ:言語の決定

例えば日本語のサイトのみがあったとしてどの言語に翻訳をすればいいでしょうか

普通に考えると最近中国人が多いから中国語増やそうとか、欧米人が多いし他の国の人も英語ができるから英語だけがあればいいかなという風に考える方が多いと思います

この点で誰もが陥る罠があります。必ず読んで気をつけてくださいね。

例えば中国語の実は中国語には簡体字と繁体字という2種類の表記があるということをしておく必要があります

香港や台湾などでは繁体字が使われます

また字体が違うというだけではなく文法も5%ほど違いがあります

そのため香港人は中国大陸の人の文章を読むのに心理的な抵抗がかなりあり、逆に中国大陸の人は香港の雑誌を買って読んでも、いまいち意味がわからないということが発生します。

読むことができても疲れてしまうのであまり読みたくなくなってしまうということですね

タイやインドネシア人も英語はできるから英語があればいいだろうという風におっしゃる方がよくいらっしゃいます

これも同じことで心理的にまだ抵抗がありますしウェブサイトを見る前から心理的に拒絶されていればそれがさらにビジネスにスムーズに繋がるかと言うとやはり繋がらないですよね

あなたの会社のホームページを訪れる方が、心理的に抵抗なくスムーズにあなたのサービスを理解し、問い合わせをしてもらうためには、やはりその訪問者の人たちの言語でサイトを作る必要があります。

またもしかしたら英語圏や中国語圏よりも最近ビジネスが活気だっているインドネシアやインドの方があなたのビジネスには有効かもしれません

Google のキーワードプランナーといったようなツールでどれくらい検索されているかのボリュームをチェックし検討してみるのも悪くありません

二つ目のステップ:翻訳作業

翻訳作業はよっては何十万とかかり大変ですよね

サイトを作ってみたいが翻訳だけで何十万も費用をかける予算はないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか

まずはどのページが翻訳が必要なのかを噛み砕いて見てみる必要があります簡単な会社概要であれば住所や会社名などすでに英語で持っているもしくは簡単に調べられるものをたくさんあると思います

そういう風に考えると実際に翻訳で大変なのは御社のサービスを説明するページや代表挨拶ぐらいでしょうか

すでに翻訳されている文章のテンプレートがあればいいですよね

例えば多言語ドットコムのサービスを使えば初期費用月々1万円のみで多言語 Web サイトを作り文章テンプレートを活用できます

それだけで本来翻訳にかかる費用の80パーセント以上カットできるかもしれませんね

最後のステップ:サイトのデザイン
もしアラビア語やヘブライ語などを検討する場合は文字が右から左に読まれるということになります

そのため制作に対応できる制作会社を探す必要があります。

通常左から右に文字を表示しますがそれを逆にすればいいだけだから簡単だろうと思われるかもしれませんがプログラミングではこれがかなり大変なことになります

また各言語での書体フォントをしっかりと設定しておく必要があります

あなたのパソコンでは文字化けがされてなくてもその現地の人達のパソコンでは文字化けされてしまうといったことが起きてしまいます

事実中国大陸の現地ウェブサイト制作会社に依頼をして失敗する話として一番多いのがこの文字化けです

日頃中国語でしかウェブサイトを作ったことがない会社が何とか頑張って複数言語のサイトを作ろうとするとここまで経験や知識が及ばず文字化けしてしまうのですまたその場合は何どし適用してもそもそもノウハウがないので解決されないまま1年2年と過ぎてしまうというケースも結構あります

ステップ4:翻訳会社を探す

大幅に削減ができたとはいえやはり翻訳をする必要があるページは存在します

翻訳会社は以下の三つの点に気をつける必要があります

翻訳かかる金額
翻訳する人がネイティブかどうか
翻訳経験のあるプロが単語の意味もわかってしっかり翻訳してくれるかどうか

金額は調べれば調べるほど色々安い会社もあると思います

しかしその場合はアジア各国に丸投げで翻訳を外注しているだけのケースもありそうすると翻訳もめちゃくちゃです

私が見てきた多くのウェブサイトではまともに翻訳されているものは半分もなかったです

一番いいのは翻訳会社でローカルのネイティブスタッフが翻訳したものをさらに日本人が翻訳が正しいかどうかチェックするというダブルチェックができていることです

以上のようなステップを踏むことで大幅に御社の Web サイトに訪問者数を増加させることができるようになります

多くの方が考えている以上に世界のマーケットに自社を PR するということはインターネットを使えば簡単なことです

まずはそのツールとして多言語のウェブサイトをぜひ手に入れてください

多言語ウェブサイトが儲かる六つの理由

多言語のウェブサイトは本当に会社に利益をもたらすだろうか?

多言語のウェブサイト何か作って本当に意味があるのかな?

そういうふうに考えたことはないですか?

その気持ちすごくよくわかります。

そもそも日本語のサイトのどれだけ効果があってるのかわからない中でさらに言語を追加して利益を上げれるかどうかなんて不透明ですよね。

その一方でマーケティングにかける予算を大幅に削って、しかも日本国内にとどまらず海外の新しいお客様にビジネスを拡大することが、もしできたら。。。すごいことですよね。

ここではそれでも多言語のウェブサイトを作る価値があるかどうかについて六つのポイントでご説明いたします。

多言語のウェブサイトを作りたいと思ってる方は是非このポイントをタイトルだけでも読んでみてください。

多言語 Web サイトを作る理由その1:費用対効果

多言語のウェブサイトを作るために必要な経費は最初に作った言語費用無料で今すぐ始めることができます。

このように考えると月1万円だけで海外のお客様にできる情報を発信するというのは非常にコストパフォーマンスに優れた方法と言えます。

海外のマーケティング戦略では、ネット広告や現地仲介業者との提携など規模も大きくなれば時間もかかります。

また業者の選別なども大変です。

そもそもその国に行く旅費や交通費を入れると何時間もかかってしまうこともザラだと思います。

その点ただウェブサイトを作って Google などに登録しておくだけであれば最低月1万円からすぐにスタートすることができますので非常に高いコストパフォーマンスになると思います。

多言語 Web サイトを作る理由その2:無料で現地ニーズの調査ができる

多言語ウェブサイト作って Google アナリティクスなどの無料で使うだけでOK。

どこの国からどういう訪問者が来たのか、また何時頃来たのかどういうキーワードで検索してきたのかと言ったことが分かるようになります。

わざわざ現地のコンサルティング会社に調査依頼をしたり現地の言語で頑張って検索をして情報をかき集めたりする必要はありません。

多くの国では現地の言語でも国語でコンテンツを読もうとすることがほとんどです。

そのためそれぞれの国の母国語で現地サイトを作るとそのサイトからその国の人が問い合わせや注文をしてくれる可能性が一気に高くなります。

また Web サイトのユーザーの46%は自分の母国語である場合に製品に対して鶴という調査結果もあります。

そのためコンテンツは現地化することで競合他社よりも遙かに高い競争力を維持してお客様と強いブランド力でつながることができるようになります。

多言語 Web サイトを作る理由その3:英語が世界共通言語ではなくなった

驚くような数値データがあります2020年の時点でインターネットを使っているユーザーの25.9%しか英語のネイティブがいないという点です。

逆に残りのインターネットユーザーの34億人が英語以外の国からインターネットを使っていました。

そのためほとんどのインターネットユーザーは母国語で表示されていないウェブサイトは見ないということです。

現地の言語でのウェブサイトを持っていない企業は、潜在的な見込み客を大量に逃している可能性があるのです。

多言語 Web サイトを作る理由その4:自社のマーケットを拡大する

自社のウェブサイトをたくさんの言語で翻訳しておくことで世界的に自社の存在を知ってもらい存在感を高めることができます。

サイトの文章を現地言語に変えておくだけで日本人以外のより多くの国々の人々が御社のビジネスを検討してくれるようになります。

それこそお隣の国中国では、中国大陸で使われている標準語と香港などで使われている繁体字で大きく異なります。

文字の表記や発音も異なるためそれぞれ分けて制作しておかないと飛ばされてしまうことになります。

そうすると潜在的なマーケットを逃してしまうことになりますね。

多言語 Web サイトを作る理由その5:Google など検索サイトも言語で識別

以前では各言語に合わせてホームページアドレスも別々に持っておく必要があるという認識が多くありました。

現在では Google などが自動的に各言語を識別してコンテンツを検出してくれるようになりました。

そのため以前とは違いウェブサイトを開けなくても一つの Web サイトで各言語を追加するだけでよいということになりました。

大幅に時間や費用を削減することができるようになったのです。

複数の言語がある Web サイトは今や低コストになり費用対効果も高くあなたのビジネスを国際的にグレードアップするのに大いに役立つと言えます。

多言語 Web サイトを作る理由その6:あなたのビジネスのブランド化

信頼される会社になるには大企業であれ小企業であれブランディングは非常に重要です。

そしてブランディングでまず大事なのは現地の言語で提供するということです御社の情報を入手するのに外国語になってしまうとでもその言葉が頭にスッと入ってこず心理的抵抗が生まれてしまいます。

そうすると信頼できるブランドとしてしっかり PR するには御社がその国では、難しくなります。

逆に他言語のウェブサイトを持っておけばそれぞれの国の人々を魅了しあなたのブランドをそのニーズウォンツがある見込み客に提供することができます。

この違いは非常に大きいです。

信頼されるブランドになるためにあなたのウェブサイトを今すぐに多言語にしておく必要があるのです。

また現地化された Web サイトであれば顧客はあなたのビジネスが彼らの文化をしっかり理解している現地化してくれているという風に高く評価し信頼を得ることができます。

あなたのウェブサイトを現地化するために

あなたのウェブサイトを今すぐグローバルに展開するために一番安い方法は Web サイトを多言語化することですブランドの存在感を高め世界中の見込み客に今すぐリーチしましょう。

YouTube のチャンネル登録者数を増やす6の方法

YouTube のチャンネル登録者数を増やす6の方法についてご説明します。

1、検索されているワードをコンテンツにする
誰も話題にしないようなキーワードが入ったタイトルだと、もちろん誰もYouTubeで検索することもできません。

他の方の関連動画として、自分の動画が表示されることもありませんね。

そのため、動画を作った時にどのキーワードで上位表示されるようにしたいか、もしくは検索などで引っかかるようにしたいかということを考えるのは、非常に重要なことです。

YouTubeでは、なんと無料のキーワードツールが提供されています。

自分が気になるキーワードを入力するだけで、最大150個の関連キーワードと、推定される月間検索ボリュームが表示されます。
これは強力ですね。

これらはもちろん無料で使うことができます。

またもっと細かなキーワードで検索したい場合はahrefs のキーワードエクスプローラーという機能を使って、8億を超える YouTube 内のキーワードのデータベースからアイデアを考えることができます。

キーワードを考える上で重要なのは、決して一つだけに特定しないということです。

例えばカレーに関する動画を作りたいと思ったらカレー+アルファで、二つ以上のキーワードでコンテンツを作った方がいいということです。

また、始めたばかりの場合は、二つだけのキーワードだとなかなか強豪に勝てないので、三つぐらいまで考えておいた方がスムーズに検索に引っかかりやすくなるでしょう。

例えば先程のカレーの例で言うと、カレー、作り方、チョコレート、のような感じですね。

カレーを作る時にチョコレートを言うと美味しくなるという話があります。

それを検索している人が一定数いるので、それに関するコンテンツを作るという感じですね。

試しに1度ここで、YouTubeで、検索してみました。

1年以上前の古いコンテンツしかなく、サムネイル画像も魅力的なものが少ないので、頑張れば上位表示できそうな感じですね。

では次のポイントについて説明していきます。

2、チャンネルのテーマと、各動画のタイトルを関連づける

検索して訪問してくれた方がいたとします。

一つ目の動画が良ければ、もちろん二つ目の動画を見てくれる可能性がありますよね。

でも、困ったことに、その動画が全く関連性のないものだと、もちろんその動画は見てもらえないですよね。

動画を見て内容がすごく良ければそのままチャンネル登録してもらえるかもしれません。

同時に、他の動画のサムネイルなども見て、「このチャンネルはいいな」と思って、チャンネル登録をしてくれる傾向もあります。

そのため、作成された動画はすべて共通のテーマがあった方が良いということになります。

逆に、例えば料理の動画の取りたいが、投資に関する動画も撮りたいという場合は、チャンネルを分けて作成した方が良いでしょう。

検索対策としても、関連性のないトピックばかりを取り上げていくのは、効率的ではありません。

また、パソコン版では右側にサイドバーが表示され、関連する動画を表示してくれます。

そこに、自分の動画がどんどんアップされていく可能性もあるので、一つのチャンネルでアップする動画は、関連性があった方が効率的にファンを増やしやすいということになります。

3、ニーズに合った動画、コンテンツを提供する

保護者が求めているの動画を提供するのは、当たり前ですよね。
では、どうやってそのような動画を考えればいいでしょうか?

実際に、自分が気になるキーワードを、YouTubeに入力して検索してみましょう。

色々と分かることがあります。

YouTubeを開いてキーワードを一つだけ入れ、検索し、フィルター機能を使って、視聴回数が一番多い順に並び替えてください。

フィルターボタンをクリックして、並べ替えを選んで視聴回数を選べばフィルターリングができますね。

例えば、先程のカレーの場合で言うと、圧倒的にカレーを作るコンテンツが多いことに気がつくと思います。

意外にも、どこどこのカレー屋さんは美味しかった というコンテンツは、ほとんど上位には表示されていないですね。

YouTubeがこういったカテゴリーのものを、圧倒的に上位ランク付けしているようです。

ランク付けが上にくるようなコンテンツを、ニーズに合わせて作成していく方が効率的に閲覧されるようになります。

4、動画のカテゴリーを明確にし、維持する

カレーの料理に関する動画を撮影したら、カレーの料理に関することか、または料理に関することを、継続的にアップしていった方が良いです。

突然料理やカレーと関連がない、京都に旅行してみた、といったような動画をアップすると、動画に一貫性がなく、チャンネル登録チャンネル登録者数を増やすことができません。

動画アップする場合は、それぞれの動画でどれぐらいのチャンネル登録者数が出たのかを確認しておく必要があります。

またチャンネル登録者数がゼロの場合は、思い切ってその動画を非公開にした方が良いでしょう。

どうしてもその動画をYouTubeにアップしたい場合は、別のチャンネルを作ってそこにアップすることをおすすめします。

5 、一定のスケジュールで動画配信する

【毎週月曜日配信します】といった形で、動画コンテンツで訴えかけ、それにスケジュールを実際にコミットすることによって、多くの動画の閲覧者を獲得することができます。

その結果、チャンネル登録者数が効率的に増えるということになります。

そのため、YouTubeではより多くのチャンネル登録者を獲得したい場合は、自分の出来る範囲で確実な動画配信スケジュールを考え、それをキープしてみてください。

決して毎日配信しなければ駄目というわけではありません。

しかし、例えば【今月は動画を2つupしたが、先月は動画を30つアップしていた。来月は10アップしよう】といった形で不規則な動画を配信していくと、ファンが記憶からあなたのコンテンツの印象が薄れてしまい、どんどん見てもらえなくなります。

6、動画の再生リストを追加しよう

YouTube では、過去にアップした動画をフォルダ分けするようなイメージで、再生リストとして分けて行くことができます。

いわば動画のカテゴリー分けのような感じですね。

再生リストから直接登録者数を増やしたり、ファンを獲得することが難しいですが、一定の割合で訪問者が複数の動画を見てくれる可能性が、ぐっと高くなります。

そして、コンテンツを見てもらえれば見てもらえるほど、購読ボタンを押してくれる可能性が上がり、あなたの動画の閲覧数もどんどん上がっていきます。

多言語集客のためのキーワード対策とは?

なぜ子さん

デザインで集客力ってそんなにかわるのかな?

担当:永島

それが、びっくりするぐらい変わりますよ!
デザインを変えただけで、集客10倍になったケースもあります。

ホームページ制作のコツ:会社概要ページ

会社概要のページはすべてのホームページで必ず必要となる大事なページです

また、このページに求められているのは以下のようなポイントがあります

  • ちゃんと会社として存在しているのか
  • 信頼できる会社かどうか
  • 事業規模はどれぐらいなのか
  • どれぐらい経営されている会社なのか

そのため、会社概要のページはあまりデザインに凝るよりも、しっかりと情報が見やすく伝わりやすくなってるかも、重視すべきです。

ドキドキ、見た目はお洒落だけど、どこにその会社が存在するのかよくわからないサイトも見かけますこうなると、訪問者はすごく不安に思うと思います会社住所さえしっかり書いていないのは存在さえ怪しいですよね

実際にあった話なのですが、私が出版の関係で東京に頻繁に出張していた時にこんなことがありました。

会社法人さえ作らずに会社名を印刷した名刺で営業している方がいたんです。

なぜ法人を作らずに先に名称を印刷して営業しているんですかって質問したら、こんな答えが返ってきました、このビジネスがうまくいくかどうかは分からないのに、法人を作ってしまうとコストがかかって勿体ないから、だそうです。

名刺の上ではいかにもその業界では専門であるかのような名称の会社名が付けられていました

このような怪しい会社というのは確かに多く存在するようです。そのためにも、御社のサイトではしっかりと会社が営業を行っていることをPRすべきだと思います

また、地図を載せた方がいいですかという質問頂くことが多くあります

御社への訪問者が多い場合は、グーグルマップがあると、いいですね。それを見ただけで訪問者は迷わずに御社一通りずことができます

電車で行く場合やタクシーで行く場合など、交通手段別にしっかり書いておくと、親切ですね。

どこの駅で降りればいいか、また周辺の目印は何かなど書いてあげるとより親切でわかりやすいと思われます。

会社概要ページを作成する前に、あらかじめ基本情報はワードなどにまとめて準備しておいた方が良いです。

会社概要のページでは、以下のような項目が必要となります。

  • 会社名
  • 代表者氏名
  • 電話番号
  • fax番号
  • メールアドレス
  • 住所
  • 創業年月日
  • 業務内容
  • 資本金
  • 主要取引銀行
  • 主要加盟団体(商工会など)

人効率的なホームページ制作のためにも、ぜひ、事前に調べておいてくださいね。

中国で社内情報をオンライン共有するには?!アレで解決できますっ

中国で、自分のパソコンに入っている情報をのスタッフとも共有したい。 」

そう思われる方は多くいらっしゃると思います。今回は中国で社内のワード、エクセル、PDFなどの文章をどうやって共有していくかという話をいたします。

結論としてはNas(ナス)と呼ばれる社内サーバーの小さい版を購入するという方法をオススメします。

これは機械を購入して会社の中のモデムに繋げるだけで、直ぐにデータ共有ができてしまうという非常に簡単な優れものな商品です。

しかもすごく小さく片手で持てるぐらいの重さです。

中国だったら1300前後(約2万円)で購入できます。

おすすめはウエストデジタルというアメリカ系の会社が製造しているマイクラウドというシリーズです。

https://search.jd.com/Search?keyword=my%20cloud&enc=utf-8&wq=my%20cloud&pvid=91eaf3e412c844e38ef285524445b3ec

以前私自身もバッファローという会社のを使ったことがありますが、外部からのオンライン接続では繋がりませんでした。

直接バッファロー社に問い合わせをしたところ中国でネット検閲があるから繋がらないのだと言われてしまいました。

こういうことは中国では非常によくありますが、こうなると、もうお手上げですね。

この機械が無駄になります。

今のところ、ウエストデジタルの製品だとオンラインで外部からその社内サーバーに接続しても問題なくスムーズに使えました

また、中国ではオンラインで購入した物のほとんどが1週間以内であれば返品ができるので、購入したらすぐに試して、問題があればすぐ返品するといいと思います。

それ以外の方法としては、例えば中国の百度が提供しているバイドゥクラウドというのがあります。バイドゥクラウドはスマートフォン版で登録をすると、2テラバイトの容量をもらうことができます。

https://login.bce.baidu.com/?lang=en

世界的に有名なオンラインストレージサービスDropboxが、無料だと100メガバイトぐらいしかないのに比べると、その20倍以上が最初から無料なので、驚くべき容量ですね。

こういうオンラインクラウドとNasという機械を購入した場合の大きな違いは、自分でデータを管理しているので、いきなりサービス停止をさせられて出てが消されたりしないということですね。

特に中国ではいきなり検閲が入ってデータが全部封鎖されてしまうということもない訳ではないので、自分でデータ管理できた方がいいでしょう。

リスクとしてはNasというのは高性能なパソコンのようなものなので、中に入っているハードディスクが壊れれば、当然もうデータが抜け出せないということです。

そのためにRAIDと呼ばれる機能が搭載されたものを購入すると良いです。

これはつまり物理的に実際にハードディスクが二枚〜四枚入っていて、一番目のハードディスクが壊れても、二つ目三つ目のハードディスクドライブにバックアップが取られているのでデータが無くなることがないということですね。

実際ハードディスクドライブは意外と簡単にショックで壊れます。

先程ご紹介したウエストデジタルだと3万円から5万円ほど出せば、バックアップ機能があるハードディスクドライブが二枚三枚入っているタイプを購入することができます。

なお、中国なので、Dropboxや他のメーカーの、Nasを使うと、そもそもネットが繋がらないというトラブルが多発するので、くれぐれも気をつけてください。

また、中国系のオンラインクラウドのサービスを使うということは、その情報が全て漏洩するリスクも大いにあり得ます

大事な書類をなんでもかんでも入れてしまうというのは危険ですね。

そうなるとやはりバックアップ機能付きのNasを購入するという一択なのかなという気がします。

一般